Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

ブリオッシュ専門店"グー・ド・ブリオッシュ"

さっきまで晴れてたのに、ちょっと雨に降られて急いで帰宅。

DSCN14195.jpg

中は濡れなかったかな?!と急いで取り出したのはブリオッシュ☆

DSCN14191.jpg

以前から気になっていたパリ6区にある三ツ星シェフGuy Savoy(ギイ・サヴォワ)氏のブリオッシュ専門店、Goût de Brioche(グー・ド・ブリオッシュ)で買ってきました。

DSCN14193.jpg

夕方に立ち寄ったので商品はやや少なめ。

DSCN14192.jpg

さて、こちらのブリオッシュの特徴はパイ生地のようにしっかり層になっていること。

そして食事に合うサレ系(塩味)とおやつや週末の朝食に贅沢気分で食べたいシュクレ(甘系)の2タイプがあることも嬉しい。

そのブーケのようなデザインが素敵なのでお持たせにも良さそう☆

DSCN14201.jpg

小さいサイズでも重量感はしっかり☆

DSCN14196.jpg

まずは、ギイ・サヴォワ氏のレストランの名物「シャンピニオンのブリオッシュ」を。

美味しくいただくためには、ミニサイズは180度のオーブンで3〜5分温めてから、ということだったので温めてみると、フワーっとオーブンから香りがたまらない♡

DSCN14198.jpg

こちらは、溢れそうなほどにたっぷりのレーズン。

バターたっぷりで生地はサックサク、でも掴んだ指が執拗にギトギトしてくるような感じはなく、サクっとペロッといただける感じ。それでも1個食べたらそれなりの食べ応え、満足感。

DSCN14199.jpg

「生姜のコンフィとナッツ」は比較的甘さ控えめでした。

DSCN14200.jpg

ショコラとヘーゼツナッツ。

K「ほんのり溶けたチョコレートとナッツが美味しい!王道な美味しさ。これが一番好きかも♡」

夫「オレは、シャンピニオンが一番だと思うけど。他にない感じだし。」

Collage_Fotorgey.jpg

そしてずっしり重いのも納得なのが、それぞれスタッフィングがたっぷり。

K「大きいのは32ユーロぐらいするんだよ〜。だから小さいのにした。」

夫「ふーん。いくら?」

K「小さいのは1個6ユーロ☆」

夫「え〜これ1個で700円くらいってこと?ブリオッシュにしてはかなりイイ値段だな。何個買ってきたの?」

K「5、6個?色々食べてみたいかなと思って♬」

夫「大きいの1個買うより高くついてるじゃねーか…。」

おまけのパリはBelle et Bonne

「秋の風物詩」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1312.html

 

Goût de Brioche(グー・ド・ブリオッシュ)
54 rue Mazarine, 75006, Paris
http://www.goutdebrioche.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。