__stash[ 'vars' ][ 'len' ] = mb_strlen($this->__stash[ 'vars' ][ 'seoDescription' ]); ?> __stash[ 'vars' ][ 'len' ] = mb_strlen($this->__stash[ 'vars' ][ 'seoOgTitle' ]); ?> フェラガモ博物館でオードリーに親近感?!||カテゴリ詳細タイトル|madame FIGARO.jp(フィガロジャポン)
Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

フェラガモ博物館でオードリーに親近感?!

「パリ発、たまに行くならこんな町☆フィレンツェ編」

若い頃はあまり興味のなかったシューズブランドSalvatore Ferragamo”(サルヴァトーレ・フェラガモ)ですが、30過ぎに一度その歩きやすさに感激し、ここ最近はそのクラシックなデザインが好きになってます♡ 

DSCN14380.jpg

以前コメントでもオススメと伺ったこともあり、今回初めて“Museo Salvatore Ferragamo”(フェラガモ博物館)へ行ってきました。

場所はアルノ川沿いにドドーンと大きな館、フェラガモ本店。

DSCN14358.jpg

その中にあると思いきや、同じ建物ですが入口は別でした。

DSCN14379.jpg

博物館は地下です。

館内は撮影可でしたが、フラッシュ使用禁止。

DSCN14362.jpg

創始者サルヴァトーレ・フェラガモ氏の1927年から1960年までの全作品がズラリ。

1898年にイルピーニア地方に生まれたサルヴァトーレ・フェラガモ氏は、1914年にアメリカに渡りハリウッドにオーダー靴専門店を開店し、ハリウッド・スター御用達のお店に☆

1927年にイタリアに帰国し、フィレンツェを活動拠点に現在の本店にアトリエを構えたのだそう。

DSCN14364.jpg

このセクションには歴代のハリウッドスターの足型がたくさんぶら下がっていました。

マリリン・モンローやアンジェリーナ・ジョリー、思ったより足が小さい?!

DSCN14366.jpg

探したいのはやっぱり大好きなあの女優♡オードリー・ヘプバーン!

すぐに見つかりました。

DSCN14365.jpg

オードリーは大足がコンプレックスだったと聞くけれど、確かに他の女優さんたちと比べてもかなり大きめ…。 同じ大足族としては恐れ多くもほんのちょっぴりの親近感♡

DSCN14368.jpg

常設展示の他に只今、ファッションデザインとアート展が開催中でした。

Collage_Fotorferagamo1.jpg

これがなかなか面白く、笑ってしまうものから

DSCN14369.jpg

やっぱりいいな〜、モンドリアン!などなど。

DSCN14373.jpg

一度やってみたいのがこのアートのように自分がメイクやウィッグで様々な別人になりきること♬

と思うと、メイクと特にヘアスタイルで人の印象はだいぶ変わる!

DSCN14378.jpg

こちらはアンティークなドレス。

長いレースのトレーンの歴史あるドレスの美しさとフィレンツェの歴史が重なり、溜め息に混じりに見惚れました。

じゃ、この後はやっぱり本店で一足フェラガモシューズを買わないと♬と立ち寄ったのですが、歩き疲れて購買意欲が湧かなかったのか?欲しい靴がなく、ショッピングはできませんでした。

DSCN14420.jpg

そして夕暮れのアルノ川へ。

夕方になっても気温は暖かく、少しずつ建物に灯りが灯っていく…。

いつまでも眺めていたいような気持ちいい夕暮れでした。

おまけのパリはBelle et Bonne

「フィグ祭り」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1323.html


Museo Salvatore Ferragamo(フェラガモ博物館)

Palazzo Spini Feroni, Piazza di Santa Trinita, 5/R, 50123 Firenze

+39 055 356 2846

http://www.ferragamo.com/museo/it/ita

 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2016年12月号 No.486

      おしゃれな人の おしゃれな暮らし。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。