Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

プチデジュネにイスパハン

「ケーコさん、イスパハンのクロワッサン食べたことあります?」

と、美味しそうな笑顔で尋ねるTちゃん。

「それが未だ、ないのよーっ!」

DSCN15189.jpg

以前からその美味しい噂は聞いていたものの、食べたことがなかった評判のクロワッサン。この秋こそ食べたい!と言う訳で久しぶりにパリ6区の”Pierre Hermé”(ピエール・エルメ)へ。

DSCN15180.jpg

ヴィエノワズリーコーナーはわりと小さく、お店の一番奥の右手にあります。

このお店のクロワッサン以外は全部食べたことがあるけど、その評判高いクロワッサンだけ食べていなかった私ってなんなんだろ…と思いながらまずはお目当てのイスパハンのクロワッサンを。

DSCN15183.jpg

エルメはチョコレートも美味しい♬

私の前にいらした、いかにも左岸なマダムは、チョコレートをたくさん買っておりました。

DSCN15182.jpg

この時期ならではのアドベントカレンダー。

DSCN15184.jpg

目の前にこんなにケーキがあるのに買わずに帰っていいのか?!

Collage_Fotorherme.jpg

お店に入る前から実はすっかり心を奪われていたのでした♡

DSCN15479.jpg

と言う訳で、まずはその見た目で選んだこのケーキ。名前は失念…。

最近ややモンブランを食べ過ぎにつき軽やかなものをチョイス。

DSCN15481.jpg

林檎とライチ?ちょっとイスパハンに通じる感じのライトなムースケーキでした。

DSCN15193.jpg

ミル(1000)フイユ(葉)ならぬ、ドゥミル・フイユ(2000枚の葉)。

こちらのパティスリーの定番ケーキの一つですが、その美味しさは確かに普通のミルフィーユの2倍☆

DSCN15506.jpg

いやいや2倍以上の美味しさ♡カラメリゼしたパイ、プラリネフィユテ、プラリネ風味ムスリーヌクリームの贅沢なバランス&ボリュームです。

DSCN15196.jpg

エルメに行くなら絶対買ってきて!と夫に言われた「イスパハン」。

私にはちょっと食べ飽きた感もするのですが、案外オーソドックスなものを好み、好きになったらほぼ一筋?な夫はエルメ=イスパハン、エルメのケーキはそれ以外はほとんど食べたがらない…。

DSCN15197.jpg

私の手は大きい、爪も大きい。そんな親指の爪がすっぽり入ってしまいそうな大粒なフランボワーズ!

ローズ、ライチ、フランボワーズの黄金律を感じるエルメのイスパハン♡

DSCN15191.jpg

今回の目的だったイスパハンのクロワッサン。でもその前にコレ!

やはり美味しさは比較してみないとね、という訳で隣りにあった”CROISSANT HOMMAGE”も買ってみました。食べてみました。

DSCN15228.jpg

上にはマロングラッセ、中は林檎のコンポート☆

林檎と栗、これは私にはなかなか好きな組み合わせでしたし、クロワッサン生地はサックサクで美味しい!

DSCN15192.jpg

そして期待マックスでプチデジュネ(朝食)にイスパハンのクロワッサンをいただきました。

なのになのに、私はまたやらかしてしまった…。美味しくいただこうとオーブンで温めたのですが、温め途中にLINEなどをやっていて、やや長めにオーブンに入れてしまった結果、全体が理想よりもかなり柔らくなり、中のイスパハンクリームがトロトロに…。

それでも美味しく薔薇とライチが香るイスパハンなクロワッサンでした!

これは近いうちにもう一度食べたい!食べなくては…。

おまけのパリはBelle et Bonne

「素敵なカタログ」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1330.html


Pierre Hermé Paris(ピエール・エルメ パリ)

72 Rue Bonaparte, 75006 Paris

01 43 54 47 77

http://www.pierreherme.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。