Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

ゴロマルもいつかご来店?!

B「ゴロマがフランスに来たね!」

K「ゴゴマ?」

B「ゴロマル、ゴロマル!フランスのチームに入ったじゃないか〜。」

K「誰?ゴゴマって?」

夫「五郎丸だよ、ラグビーの五郎丸!」

K「あ〜、ウィッ!」

DSCN12568.jpg

行きつけビストロ“Les Papilles”(レ・パピーユ)のオーナーBは、大のラグビーファン♡

店内にはラグビー選手のユニフォームが飾られ、フランスの現役&OBのラグビー選手も頻繁に来店するラガーマンにも人気のビストロ。

DSCN13754.jpg

B「ゴロマルの活躍に期待して乾杯!」

K&夫「五郎丸に乾杯☆」

夫「そのうちココにも来るかもね。」

B「来てくれたら嬉しいよ!」

とシャンパンをいただき、ワインはブルゴーニュのGevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)をチョイス。

それにしても、やはり「五郎丸」はフランス人には発音は難しいと思われます…。

DSCN13755.jpg

温まるスープ☆

DSCN13756.jpg

好きなだけ召し上がれ〜と、本日のスープはズッキーニ。

DSCN13759.jpg

苦手野菜もこのお店でこうしてスープになると美味しくいただける。

夫「ズッキーニ嫌いだったの?」

K「出てきたら食べますけど、大好き野菜の類いではないかなぁ…。味する?」

夫「するよ!!」

K「ぼやけた味に感じるんだけど。」

DSCN13761.jpg

メイン料理は、cabillaud(カビョー 鱈)。

シェフのトム(あだ名)は、最近魚料理にご執心。

そんな彼は今年でこのお店で約10年シェフを務めたことを一つの区切りに来年からはまた違ったカタチでパピーユと関わっていくことになるのだそう。それはそれでまた楽しみな新展開です。(と言う訳で来月から厨房は新しいシェフ担当になりますが、基本のスタイルはあまり変わらないのではないかと思います。)

DSCN13762.jpg

とにかく肉厚なカビョー。 一尾はどれほどの大きさなのだろう?!

大きいとは言え大味ではなく、ギュっと身は締まっていてとても美味しい(●^o^●)

DSCN13763.jpg

チーズは白カビチーズBrie de Meaux(ブリ・ド・モー)に林檎のコンポートを添えて。左にはPiment d'Espelette(ピマン・デスペレット 赤唐辛子)。

DSCN13764.jpg

デセールはスペキュロスのパンナコッタ。パンナコッタは毎回ガツンと甘いのですが、それでもこの10年でヘルシー志向な時流で少しずつ甘さは控えめになり、ボリュームも以前はこのグラスになみなみ入っていましたが、ここ数年で減って食べやすくなりました。

変化の激しいパリの街で、同じお店で10年、同じシェフが厨房に立ち続けるのはなかなか大変なことだと思います。店名は同じでもオーナーが変わる、シェフが変わることは頻繁なパリ。この12年間、その雰囲気と基本的な美味しさは変わらないパピーユです。

おまけのパリはBelle et Bonne

「お土産にクレマン・フォジエ」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

Les Papilles(レ・パピーユ)

30 Rue Gay-Lussac, 75005 Paris

01 43 25 20 79

http://www.lespapillesparis.fr/#about-1-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。