Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

ピエール・アルディのチャンキーヒール

今日はパリブログ☆

IMG1_1631.jpg

東京の自宅に飾るシューズカレンダーも残り一枚。

年末の実感と今年は例年に比べるとシューズ購入が少なかったような気がするな〜と。

というのも、チャンキーヒールブームに乗れなかったから?!

きっとこのままチャンキーヒールは買わないだろうと思っていたのですが、帰国直前に出会ってしまった…♡

IMG1_1622.jpg

それはパリ6区のMaison de FANFAN (メゾン・ド・ファンファン)で、お店のマダムがちょうど入荷したばかり!と見せてくださったPierre Hardy (ピエール・アルディ)のもの。

自称「靴フェチ」としては、これまでも何度からトライしことがあるピエール・アルディなのですが、欲しいと思ったものはいずれも足型が合わず、特に左足の薬指部分が当たって痛いので、これまで購入したことありませんでした。

IMG1_1627.jpgだから今回もきっとダメ…と思いながらも手に取ると、びっくり!

シューズのレザーとは思えない柔らかさ☆ カタチはとてもシンプルで、とにかくブーツには贅沢で勿体ほどの柔軟レザーなのです。そして足を入れてみると、その柔らかさゆえ指にあたる痛さは無し。ちょっと足袋のような履き心地でぴったりフィット。

IMG1_1630.jpg

アンクル部分が細いところも今っぽく、ワンピースやスカートにも合うのです♡

今日は寒いからデニムですけど…。

IMG1_1626_2.jpg

ファスナーはユラユラと揺れるキーホルダーのような存在感のあるゴールドのキューブ。

IMG1_1625_2.jpg

ファッションジャーナリストの方が持ち込んだ今シーズンもの、未使用。

IMG1_1624.jpg

踵のデザインがピエール・アルディらしくユニーク♡

帰国直後から早速履いてるのですが、軽さとソフトさ、そしてド安定のチャンキーヒールなので疲れ知らず。

ずっとチャンキーヒールを敬遠してきたけれど、やっぱりラク。このままチャンキーヒール好きになってしまう?と思いきや、たぶんそれはなく、これが最初で最後かな。

おまけはBelle et Bonne Blogで

甘〜い♡
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1361.html

Maison de FANFAN (メゾン・ド・ファンファン)

4 Rue Mayet, 75006 Paris

01 40 56 90 58

http://maison-de-fanfan.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。