Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

ラファイエットのビッグ・フェルナン

T「S子遅いね〜。」

K「帰り際にお局様に捕まったのかも…」

T「いたいた、帰りそうになると仕事を振るお局様!」

K「お局様って単語も死語なんだろうけど、そもそも今じゃ私達がお局世代じゃない?!」

T「だよね。。新入社員の頃に40代の先輩って相当年上な存在だった。」

K「とりえあえず会社出たらS子からは連絡くるでしょ。」

と、テーブルの上にiPhoneを置いて待っていたのは先月の今頃。

IMG_11738_2.jpg

K「きた! と思ったら夫から…。」

T「何それ?」

K「これを食わないと年は越せない。年越しバーガー、今年も旨し!だって…。」

T「すごいもの食べてるね…」

IMG_10560_2.jpg

と、昨年末も近所のバーガーマニアでパテとかき揚げをサンドした年越しバーガーを食べてご満悦だった夫ですが、私の方は前回の日本滞在中にハンバーガーは食べれず。そのせいか?美味しいバーガー食べたい熱がピークに達したところで、行ってきました“Big Fernand”(ビッグ・フェルナン)

(関連記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/1big-fernand.html )

でも今回はいつも行く1区のお店ではなく、右岸デパート・ギャラリー・ラファイエット・メンズ館2階のお店へ初めて行ってみました。

IMG_10561_2.jpg

あら?ちょっと穴場的なのか?お昼時なのに店内は空いてる〜。

IMG_01569_2.jpg

ビッグ・フェルナンのウリは、こだわりのフランス産素材☆

ジャガイモもチーズもつくづくフランスには美味しいものが豊富だと思います。

IMG_10567_2.jpg

セットメニューをオーダー。

IMG1_0564_2.jpg

今回選んだバーガーは、“Le Victor”という仔牛肉のパテに青カビチーズ”Fourme d'Ambert”(フルム・ダンベール)、オニオンコンフィ、甘めのソースにほんのりパクチーがアクセントのバーガー。

パテが仔牛なので見た目よりも軽めで、ペロリ(●^o^●)

IMG_01563_2.jpg

こちらは、“Le Bartholome”というネーミングのビーフバーガー。

K「パテが…」

夫「プラス4ユーロでダブルパテにしてもらった。チーズはラクレット。旨そうだろ♬」

その迫力に驚くものの、夫にとっては楽勝ボリューム?!

こうしてしっかりいただいたのに夜には2人ともすっかり腹ぺこ。パリに戻って胃腸は元気、絶好調!(^^)!

À demain(^^)/ 

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「パヴィヨン・エリゼでティータム
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1401.html

<info>

Big Fernand(ビッグ・フェルナン)ラファイエット店

1er étage, 99 Rue de Provence, 75009 Paris

http://bigfernand.com/home

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。