Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

炎・アサンディ

パリではお芝居、舞台芸術もさかん☆

ですが、私の語学力・理解力では観劇は残念ながらできません…。

でも以前何かの雑誌で読んだフランスを拠点に演劇活動をしているWajdi Mouawad(ワジディ・ムワワド)さんの作品を機会があれば観たいと思っていました。

seta2.jpg

そのワジディ・ムワワドさん作の舞台「炎 アンサンディ」が日本で再演されると知り、これは行きたい!観なくては!と世田谷パブリックシアターシアタートラム」へ。

seta1.jpg

作者であるワジディ・ムワワドさんはレバノンのベイルート出身で、幼い頃に内戦を逃れてフランスに亡命し、その後カナダへ移住。現在はフランスを拠点に活動されている劇作家であり、昨年4月にはパリのラ・コリーヌ国立劇場の芸術監督に就任した気鋭のアーティスト。

そんな生い立ちからもお芝居やドラマ以上に波乱に満ちた経験を重ねてきたのだろうと思う。

seta3.jpg

本作の原題“Incendies”は「火事」を意味するフランス語。

カナダ・フランス合作で映画化(日本では「灼熱の魂」というの邦題)もされた戯曲です。

お芝居では文学座の上村聡史さんの演出で2014年に上演され数々の演劇賞を授賞、今回が待望の再演。

キャストは初演と同じメンバーで麻美れいさん、岡本健一さんをはじめとする7名。

ほとんど予備知識も無く劇場に向かいましたが、観劇後、残酷な結末に全身のチカラが抜け、しばらく呆然とするほど素晴らしいお芝居でした。

以下ネタバレを含むざっくりなストーリーになります。

(あらすじ・舞台画像は“世田谷パブリックシアター”オフィシャルサイトより引用)

IMG_15e98.jpg

中東系カナダ人女性ナワルは、ずっと世間に背を向けるように沈黙の中で生きてきた。

その態度は実の子供である双子の姉弟ジャンヌとシモンに対しても同様で、かたくなに心を閉ざしたまま何も語ろうとしなかった。

そのナワルがある日突然この世を去った。

彼女は公証人に姉弟宛の二通の謎めいた手紙を託していた。

IMG_11596.jpg

公証人は「姉にはあなたの父を、弟にはあなたがたが存在すら知らされていなかった兄を探し出して、それぞれに手紙を渡して欲しい、それがお母さんの願いだった」と告げる。反発しながらもその言葉に導かれ、初めて母の祖国の地を踏んだ姉弟は、封印されていた母の数奇な人生と家族の宿命に対峙することになる。

その果てに姉弟が探し出し出会った父と兄の姿とは!

IMG_15199.jpg

(以下、ネタバレ)

若い頃、愛する夫と生んだばかりの息子と無理矢理引き離されたナワル。

その息子を探しながら過酷な人生を辿って来たナワルが戦争犯罪者の裁判で見つけ出す衝撃の事実。

そしてそのあまりの残酷さに心と口を閉ざすナワル。

双子のジャンヌとシモンがやっと探し出した人物は、彼らの父親であると同時に彼らの兄でもあった。内戦時代に囚われの身となったナワルを拷問し暴行をした看守はナワルが必死に探しても行方がわからなかった彼女の息子であり、その近親相姦から生まれたのが自分たち、ジャンヌとシモンという双子だった…。

ギリシャ悲劇の「オイディプス王」と重なる、ゾっとする怖さと衝撃に満ち溢れたお話。

IMG_16102.jpg

夢や希望に溢れていた頃、戦争によって引き裂かれた家族の絆や大切な友情、復讐、恨み辛み、嘆きと悲しみ、そして赦すこと、口を閉ざすこと…。

約3時間の舞台。張りつめた場面の連続の中、いろんな感情が押し寄せ、問いかけられ、最後につきつけられる事実に私も双子の兄妹と一緒に言葉を失いました。

IMG_16100.jpg

10代から70代までを演じた麻美れいさんの圧巻の演技力にはただただ引き込まれる感じでしたが、インパクト大だったのは元ジャニーズ・男闘呼組の岡本健一さん♡

一人で何役もこなし、舞台に上がる度にまったくの別人で、終盤の演技はものすごい迫力!

こういう心に残るお芝居との出会いを求めてこれからも劇場通いを続けたいと思いました。

À demain(^^)/ 

おまけのブログ・Belle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「蓬莱をお取り寄せ
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1455.html

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。