Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

シンプルにRestaurant Perard(ペラール)

パリ発たまに行くならこんな街☆トゥケ編

DSCN15373.jpg

落ち葉の様子は印象派の絵のよう。

夏はバカンス&海水浴に賑わうのだと思いますが、シーズンオフの晩秋は静かなトゥケ☆

DSCN15379.jpg

そんな街を散歩してみると大きな別荘やリゾートマンションが色々です。

Collage_Fotortou30.jpg

maison de campagne(メゾン・ド・カンパーニュ 別荘)には、皆さんそれぞれユニークな名前をつけていておもしろい。

私だったらどんな名前をつけるかな〜と妄想しながら散歩。

DSCN15386.jpg

そしてココが私の所有するシャートーですけど、なにか?!

というのは冗談で、、宿泊ホテル"Hôtel Westminster&Spa"(ウエストミンスターホテル&スパ)です。

DSCN15333.jpg

さて、恒例の秋旅の一番の目的は美味しい魚貝満喫!

その場所も恒例でRestaurant Perard(レストラン・ペラール)と決まっている。

DSCN15370.jpg

ただひたすらに新鮮な食材をシンプルにいただきたい!という目的で毎年ここまでやってくるこの旅は、贅沢だな〜と思う。

DSCN15351.jpg

魚屋さんを併設したレストランで3年前に偶然入ってからすっかりファン♥︎

DSCN15356.jpg

そして3年連続こちらのマドモアゼルが私達のテーブル担当。

ベリーショートヘアでロックな彼女は、とてもサンパ☆ 年に一度しか来ない私達のことを覚えていてくれて、去年と同じテーブル席へ案内してくれました。

DSCN15353.jpg

スタートはまずコレねー、海老フライ。美味ッ(^u^)

DSCN15369.jpg

黒板の本日のオススメをもとに生牡蠣選び。

DSCN15354.jpg

牡蠣は番号が小さいほど大きいのですが、大きいから美味しいとも限らないのでいろんなサイズを食べ比べ。

そして全員意見一致で小ぶりのGillardeauのNo.5が美味しい!!という結論が出たのでNo.5をおかわり♬

最高に美味しい生牡蠣でした(●^o^●)

DSCN15358.jpg

ロックなマドモアゼル、オススメのお料理は帆立のソテー。

DSCN15359.jpg

エスカルゴはエスカルゴなのですが、普通のパセリ、ニンニク、エスカルゴバターたっぷりではなく、シャルトリューズでマリネされた港町風なエスカルゴ。ちょっと珍しいのでこちらもオーダー☆

DSCN15360.jpg

そしてテーブルにはRouille(ルイユ)ソース、グリュイエールチーズ、カリカリのクルトンがセットされ、

DSCN15362.jpg

このお店のスペシャリテ、熱々のSoupe de Poisson(スープ・ド・ポワソン、魚貝スープ)の登場。

色々な魚貝の味が凝縮されている濃厚スープはおかわり自由、飲み放題!?

DSCN15366.jpg

アイオリソースに唐辛子を和えたピリピリ味が美味しいルイユをバゲットクルトンにたっぷり塗って、チーズもお好みで載せたらスープの中へ。

美味し〜〜っ!!このシンプルでまっすぐな美味しさがたまらない(^u^) 

期待通りの、これこれ!この味、このスープですね!の感激。

DSCN15352.jpg

去年はこの後、巨大チョコレートパフェを食べましたが、今回はもーすっかり満腹(^^)

満腹なお腹をさすりながらホテルへ歩いて戻りました。

おまけのパリはBelle et Bonne

Antiquités Brocante La Bastille Paris
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1345.html

Restaurant Perard

67 Rue de Metz, 62520 Touquet Paris Plage

03 21 05 13 33

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。