Buly 1803の新作いろいろ。日本オープンはいつ?

特集

この夏ソウルにブティックがオープンし、ロンドンではドーヴァー・ストリート・マーケットで買えるというのに……いったい、いつ日本では買えるようになるのだろうか、と気を揉ませるBuly 1803。朗報を待ちながら、この秋以降の新作をいくつか紹介しよう。

人気のパフューム・キャンドルに新しく加わった香りは、パテール・マテオス。アトス山の高いところに建つ修道院に漂う香り、というイメージでクリエートされた。グリーン系の爽やかな高原を思わせるフローラル・ウッディの香り。春には季節にふさわしく、冬には外気の厳しさを忘れさせてくれる。

新しい香りのディフューザー、アラバストル。これはパフューム・キャンドルを灯したくないとき、灯せない場所で香りを楽しむのに最適の方法である。小さな陶器に納められた石に、たっぷりと吸い込ませた香りを楽しむというアイデア。陶器の蓋の開閉で香りの持続時間は調整できる。火のないところに煙はたたなくても、香りは立つ! のである。

01-buly-paris-161109.jpg02-buly-paris-161109.jpg

アラバストルは石、香り、陶製容器のセットで65ユーロ。レフィルは40ユーロ。香りは7種あり。

 

アルコールフリーの香水、オー・トリプルにはヘリオトリープ、ゆず、オレンジ・フラワーの3つの香りが仲間入りした。アルコールが含まれていないので安心して使えるのがオー・トリプルの魅力。肌に塗り込むようにつける仕草も、香り同様にクラシックで美しいBuly 1803の開発品である。香りの旅を提案するオー・トリプルなので、名称にはペルーのヘリオトロープ、木曽のゆず、ベルカンヌのオレンジ・フラワーと地名がついている。

03-buly-paris-161109.jpg04-buly-paris-161109.jpg

ラベルの魅力は相変わらず。オー・トリプル 各75ml  120ユーロ

 

ベジタブル・オイルも50ml入りのおしゃれなボトルで登場。パッションフルーツ、プラム、ヘーゼルナッツなど自然の恵みがもつ効能はさまざまなので、顔、ボディ、ヘア……必要に応じていろいろと揃えたくなる。

05-buly-paris-161109.jpg

ベジタブル・オイル(各50ml)の価格は素材によって異なる。例えば、肌に輝きと張りを取り戻すトルコ原産のアプリコットのシーズ・オイルは28ユーロ。もろい爪を強化するスペイン原産カシスのオイルは46ユーロ。妊婦向けの南アフリカ原産バオバブのシーズ・オイルは44ユーロ。

 

クリスマスの時期に喜ばれそうなサービス。自分のあるいはプレゼントする相手のイニシャルを石鹸に入れてくれるのだ。2本の線が優雅にからみあうアルファベット。17世紀に版画師のシャルル・マヴロが考案した図柄で、フランスでは家具や書類、リネン類などによく使われていたそうだ。パッケージが素敵なのですでに人気のある石鹸に、さらなる魅力をプラスすれば強力なパリ土産になりそう。待ち時間は5分くらいとか。

06-buly-paris-161109.jpg07-buly-paris-161109.jpg

石鹸 29ユーロ。モノグラムサービスは両面で5ユーロ。

 

ブラシや櫛といった、ビューティ小物にも力を入れている。例えばイタリア製のシルクあるいはイノシシの毛の歯ブラシ。歯茎のマッサージにも効果的ゆえに、見慣れたサイズより大きいのが特徴だ。54種の櫛というのにも、驚かされる。フランスで19世紀末に開発されたセルロイド素材製である。この素材を手作業できるアトリエは今やスイスに一箇所だけ。そこで丁寧に仕上げられた用途別の櫛は、フォルムを見ているだけでも飽きない面白さがある。

08-buly-paris-161109.jpg09-buly-paris-161109.jpg

左:櫛のセレクションより。
右:歯ブラシ 36ユーロ。

Officine Universelle Buly 1803
6, rue Bonaparte
75006 Paris
tel:01 43 29 02 50
営)10:00(月11:00)〜19:00
休)日
www.buly1803.com/fr/

réalisation:MARIKO OMURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年3月号 No.489

      ドラマティックな映画が観たい♥

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。