気になる、ディプティック×アントワネット・ポワソン。

特集

Antoinette Poisson(アントワネット・ポワソン)。このなんだか不思議な名前のブランドの品は、日本にも入荷されているのでそろそろ知られ始めているのではないだろうか。

パリで芸術工芸作品の修復に関わる男女3名が2012年にスタートしたブランドで、この名前はルイ15世の愛妾ポンパドゥール侯爵夫人の名前、ジャンヌ=アントワネット・ポワソンに由来している。18世紀を愛し、壁紙を愛する彼らが、この時代の装飾美術の擁護者であったポンパドゥール侯爵夫人にオマージュを捧げての命名となったのだ。

170208-paris-01.jpg170208-paris-02.jpg

左:アントワネット・ポワソンによるドミノ・ペーバー。
右:ジュリー・ストルディオ、ヴァンサン・ファレリー、ジャン・バティスト・マルタンの3人組が始めたブランド。

 

アントワネット・ポワソンの仕事は、フランスで18世紀に壁紙作りに用いられ、そして消滅した印刷のサヴォワール・フェールを復活したのが特徴。昨年秋にボン・マルシェで開催された『パリ!』展でも、広く設けられたスペース内で、このブランドの手刷りのアンティーク風な味わいが魅力のクッションやボックスなどが販売されていた。

彼らが21世紀に蘇らせたこの手法はドミノ印刷といって、サイズが35×45cmという限定がある。木板に彫られたモチーフにインクを乗せ、その上に紙を重ねて模様を押し刷り。その紙にステンシルで複数の色を乗せてゆき完成させる。その昔はこのサイズで印刷された紙(ドミノペーパー)をつなげて壁紙にしていたそうだ。

170208-paris-03.jpg170208-paris-04.jpg

パリ市内に構えたアトリエで、すべて手作業で製造される。

170208-paris-05.jpg170208-paris-06.jpg

ドミノ・ペーパーを使ったオブジェや壁紙。

そのアントワネット・ポワソンが、香りのブランド、ディプティックとバレンタインデーに向けてコラボレーションをした。といっても、男性向きの品ではないのでご注意を。バレンタインデーは女性が男性に……というのは日本だけの習わしで、ヨーロッパでは愛する人から愛する人へプレゼントが贈られる日だ。ディプティックでの限定コラボレーション品は、ローザムンディのパフューム・キャンドルなどアントワネット・ポワソンによるモチーフがパッケージに生かされた素敵な品がたくさん!

170208-paris-07.jpg170208-paris-08.jpg

左:限定商品のパフューム・キャンドルRosa Mundi 70g/ 30ユーロ、190g/ 58ユーロ
右:限定商品のドミノ・ペーパー 89ユーロ。引き出し用のパフュームペーパーはボックス入りで55ユーロ。

170208-paris-09.jpg

アントワネット・ポワソンの世界にローザムンディとオー・ドミノテが美しく香る。

170208-paris-10.jpg170208-paris-11.jpg

左:オー・ドミノテ 200ml/70ユーロ。
右:オー・ローズのソリッドパフューム 35ユーロ。

ディプティックのパリの本店では、Collection 34と名付けたオリジナル・クッションカバーやバッグなども扱っている。この機会に久々に本店詣でをしてみるのも悪くないのでは !?

Diptyque
34, boulevard St.Germain
75005 Paris
tel +33 1 43 26 77 44
営)10:00~19:00
休)なし
www.diptyqueparis.com/

réalisation:MARIKO OMURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。