ハズレなしの食事を、シャンゼリゼ大通り142番地で。

特集

シャンゼリゼ大通りのレストラン=観光客相手=味に期待できない……と思いがちだが、これはもう忘れよう。ハズレなしの食事をしたい人が目指すべきは、昨年末にリニューアルオープンした142番地のレストランである。ここの建物の上方にMaison du Danemarkと掲げられている。ここは1955年以来、デンマークのカルチャー・センターを擁する建物。以前にもカフェ・レストランがあった。ちょっと重々しかったその時代を覚えている人は、それももう忘れよう。

170221-paris-01-02.jpg

左:1階奥のブラッスリーFlora Danica
右:2階のガストロノミー・レストランCopenhague

今、ここの1階にはカフェ・ブラッスリーのFlora Danica(フローラ・ダニカ)が、そして2階は北欧ガストロノミー・レストランのCopenhague(コペンハーグ)がある。シェフに新たに迎えられたのはコペンハーゲンにすでに2つのレストランをもつ、34歳のアンドレア・モレール。彼は新北欧料理の提唱者であるアーウィン・ローターバックのもとで修行をし、またかつてNOMAのオーナーのひとりだったクラウス・メイヤーの指導も受けている。この世代の料理人らしく、両腕にはしっかりと刺青いりであるが、それはさておき……。

2階で彼がクリエートするのは、季節の素材の北欧ガストロノミー・メニュー。ランチは55ユーロと70ユーロのコースがあり、ディナーには85ユーロと115ユーロのコース。ワインもセットされた120〜165ユーロのコースもある。料理は色彩美しく、素材の使い方には驚きがあり、そして美味しい。会話のないカップルの間にはこれで会話が蘇るだろうし、最近知り合ったという二人なら、忘れがたい共通体験となること間違いなしだ。

170221-paris-03.jpg170221-paris-04.jpg

若きシェフ、アンドレア・モレール。
Copenhagueのランチコース55ユーロの前菜から。スモークしたヒラメ、りんご、セロリにグリーンのアニス・オイルをかけて。

170221-paris-05.jpg170221-paris-06.jpg

ランチコース55ユーロのメインより。アンコウ、ラングスティーヌのシューファルシ、ケールのピュレ。デザートは、薄くスライスしたリンゴ、ミルクアイスクリーム、ケール。

彼がスーパーヴァイズする1階の北欧カフェ・ブラッスリーFlora Danicaでは、フランス人シェフのギヨーム・ルレイがメニューを担当。朝から深夜までノンストップ営業のこの場所は、一度知ったら多いに活用したくなる美味しいアドレスだ。たとえばスモークサーモンとブリニス、それにグラスのシャンパンという気軽な食事が1日中、カフェで楽しめるとは、うれしい限り。

170221-paris-07.jpg170221-paris-08.jpg

ブラッスリーのFlora Danicaでは、サーモンのグラヴラックス(22ユーロ)やスモークサーモンといった、北欧的シンプルな料理がメニューに並ぶ。丸くぽってりと厚いブリニスが美味しそう。セットメニューは、前菜+メイン、あるいはメイン+デザートで29.50ユーロ。カフェでは営業時間内いつでも、オープンサンド、スモークサーモン、サラダなどの食事がとれる。

170221-paris-09.jpg170221-paris-10.jpg

ニシンの盛り合わせ。22ユーロ
1階のバーカウンター席でも食事を取れる。

この2フロアでは、舌だけでなく視覚的にも美味しい時間を過ごせるのもいい。インテリア・デザインを担当したのはスティーヌ・ガムとエンリコ・フラテジのデュオによるGamFratesiというデザインスタジオ。一階の奥は淡いグリーンとグレーでまとめられ、二階は静かなブルーの濃淡でまとめられ……クロス類はラフ・シモンズのブランドの品だ。北欧の低い光が感じられる絵画のような静謐な空間に、上質な時間が約束されている。

170221-paris-11-12.jpg

左:Copenhague。クロス類はラフ・シモンズ。
右:Flora Danica

シャンゼリゼ大通に面したFlora Danicaのカフェのテラス席は、晴天時には人気。しかし、これからの最上席は中庭に面したテラス席だろう。Flora Danicaのブラッスリーの1階席と2階席、そしてCopenhagueのテラス席。これらがオープンする太陽の季節が待ち遠しい。

170221-paris-13-14.jpg

左:Flora Danicaの2階席。カナージュのソファがシックだ。
右:中庭。左がFlora Danicaのテラス席。暖かくなると覆いが外される。中庭奥にもテラス席あり!

Flora Danica
142, avenue des Champs Elysées 75008 , 1階
tel:01 44 13 86 26
営)カフェ8:00~24:00、ブラッスリー12:00~14:30、19:00~23:00
休)なし
www.floradanica.fr
Copenhague
142, avenue des Champs Elysées 75008 , 2階
営)12:00~14:30、19:00~23:00
休)土日
tel:01 44 13 86 26
www.restaurant-copenhague-paris.fr

réalisation:MARIKO OMURA

  • パリ
  • レストラン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。