素顔のパリジャン・パリジェンヌ一問一答。#19

【パリ一問一答】人気アートディレクターが常連のカフェ。

特集

パリに住むさまざまな世代や職業の人たちに一問一答インタビュー! 住んでいるからこそ感じられる街の魅力やお気に入りスポットを教えてもらいました。モードやボーテの有名ブランドの仕事を次々と手がける注目のアートディレクター、レスリー・ダヴィドにとってのパリとは。

レスリー・ダヴィド
アートディレクター

170501_parisien_19.JPG

Q1. あなたにとってパリの魅力とは?

A1. カルチャーライフが充実しているところ。

Q2. 毎日行くカフェや行きつけのレストランは?

A2. 18区の「ラ・ブラッスリー・バルベス」。家のすぐ近くで、仕事でIDやグラフィックデザインを手がけたカフェ! 3フロアもあるレストラン、バーで、いろいろなスペースがあり、時間帯によってさまざまな形で利用する常連です。

La Brasserie Barbès
2, boulevard Barbès 75018 Paris
Tel. 01-42-64-52-23
www.brasseriebarbes.com

Q3. パリで思い出の場所は?

A3. アリーグルのマルシェ。お料理すること、食べることが大好きなので。アリーグルの市場は生き生きしていて色とりどり。周囲のお店もとってもサンパ(感じがいい)で、しかも小さなブロカントまである! パリに来たばかりの頃、ここのすぐ近くに10年近くも住んでいて、このエリアから引っ越す時、このマルシェを離れるのが本当に辛かった。

Marché d’Aligre
place d’Aligre, 75012 Paris
http://equipement.paris.fr/marche-couvert-beauvau-marche-d-aligre-5480

Leslie David
ストラスブールの装飾美術校でグラフィックデザインを学ぶ。2009年にパリで個人スタジオを立ち上げ、イラストレーター、アートディレクターとして活動。シャネルやA.P.C.、オランピア・ル・タンなどの人気モードブランドをはじめ、ビューティ、音楽、インテリアなどさまざまな分野のクライアントのために、紙媒体から映像まで、幅広く活動する、いま注目のアートディレクター。
http://www.leslie-david.com

>>#20 アイスをお伴に、サンルイ島散歩。
>>パリ一問一答INDEX

「フィガロジャポン」2017年5月号パリ特集では、レスリー・ダヴィドのインタビューと彼女が手がけた仕事を掲載!

photo : MANABU MATSUNAGA, texte : MASAE TAKATA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。