素顔のパリジャン・パリジェンヌ一問一答。#23

【パリ一問一答】朝に立ち寄るママたちの憩いのカフェ。

特集

パリに住むさまざまな世代や職業の人たちに一問一答インタビュー! 住んでいるからこそ感じられる街の魅力やお気に入りスポットを教えてもらいました。グラフィックデザイン事務所Omyのクリエイティブディレクター、マリー=スリーズ・リシュトレにとってのパリとは。

マリー=スリーズ・リシュトレ
Omy創設者、クリエイティブディレクター

170504_parisien_23.JPG

Q1. あなたにとってパリの魅力とは?

A1. パリは、都会なのに小さくて村みたいなところが魅力です。最近仕事でも海外に行くことは多いけれど、帰って来るとパリはとても小さくて、安心感のある街だと感じます。移動もすぐにできるし、いろいろなものが凝縮され、集中しています。

Q2. 毎日行くカフェや行きつけのレストランは?

A2. 子どもを学校に送っていった後、ママたちが出勤前に集まっておしゃべりするカフェ、「シェ・マダム・ジェーヌ」。何でもない普通のカフェですが、仕事に行く前にひと息入れる、朝の行きつけのアドレスです。

Chez Madame Gen
1, rue Martel 75010 Paris
Tel. 01-47-70-19-71
https://www.facebook.com/pages/chez-madame-gen/106647039418201

Q3. パリで思い出の場所は?

A3. 「マルシェ・サンピエール」。9区に住んでいた子どもの頃、母と一緒によく布地やハウスリネンを買いに出かけた場所。また、ずっとマレ地区の学校に通っていたので、4区のプティ・ムスク通り(rue du Petits Muscs)からヴォージュ広場のあたりの小さな道の入り組むエリアにもたくさんの思い出があります。

Marché Saint Pierre
2 Rue Charles Nodier, 75018 Paris
www.marchesaintpierre.com

Marie-Cerise Lichtlé
パリのアール・デコ校でイラストを専攻、2005年、エルヴィール・ローランとともにデザイン事務所Omyを立ち上げる。ことに2012年以来、大判のXXL塗り絵の製品化で大人気に。ニューヨークにも事務所を構えている。
Omy
2, rue Gabriel Laumain 75010 Paris
Tel. 01-48-00-18-49
www.omy-maison.com

>>#24 大好きな11区ポール・ベール通り界隈。
>>パリ一問一答INDEX

「フィガロジャポン」2017年5月号パリ特集では、マリー=スリーズ・リシュトレとエルヴィール・ローランのインタビュー、Omyが手がけた仕事を掲載!

photo : MANABU MATSUNAGA, texte : MASAE TAKATA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。