素顔のパリジャン・パリジェンヌ一問一答。#24

【パリ一問一答】大好きな11区ポール・ベール通り界隈。

特集

パリに住むさまざまな世代や職業の人たちに一問一答インタビュー! 住んでいるからこそ感じられる街の魅力やお気に入りスポットを教えてもらいました。グラフィックデザイン事務所Omyの広報を担当するサマンサ・ブヴァン=ヒューズにとってのパリとは。

サマンサ・ブヴァン=ヒューズ
Omy広報担当

170505_parisien_24.JPG

Q1. あなたにとってパリの魅力とは?

A1. 大きな都会の中の小さな都会な感じがするところ。私はアメリカの田舎の出身で、都会で育ったことはないけれど、パリは住みやすい。楽しいイベントなどたくさんある都会である反面、自分の近所から一歩も出ないでローカルな暮らしをすることもできてしまいます。

Q2. 毎日行くカフェや行きつけのレストランは?

A2. 家の近所の、カフェがおいしい「モコナッツ・カフェ&ベーカリー」。日本人とレバノン人の感じのいいカップルがやっています。

Mokonuts Cafe & Bakery
5, rue Saint Bernard 75011 Paris
Tel. 09-80-81-82-85
https://www.facebook.com/mokonuts

Q3. パリで思い出の場所は?

A3. 20年前にパリにやって来た時から、ずっと住み続けている、11区のポール・ベール通り(rue Paul Bert)のエリア。何度か別の場所に引っ越したこともあるけれど、なぜかやっぱりこのカルティエに戻ってきてしまうの。

Samantha Bouvant-Hughes
アメリカ出身。パリでスタイリストを務めた後、転身。現在はデザイン事務所Omyの広報担当者として活躍中。
Omy
2, rue Gabriel Laumain 75010 Paris
Tel. 01-48-00-18-49
www.omy-maison.com

>>#25 花の香りあふれる初夏のモンソー公園。
>>パリ一問一答INDEX

「フィガロジャポン」2017年5月号パリ特集では、サマンサ・ブヴァン=ヒューズが広報を手がけるOmyの仕事と、ふたりのクリエイティブディレクター、エルヴィール・ローランマリー=スリーズ・リシュトレのインタビューを掲載!

photo : MANABU MATSUNAGA, texte : MASAE TAKATA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。