素顔のパリジャン・パリジェンヌ一問一答。#26

【パリ一問一答】シェフが休日に必ず通うビストロは?

特集

パリに住むさまざまな世代や職業の人たちに一問一答インタビュー! 住んでいるからこそ感じられる街の魅力やお気に入りスポットを教えてもらいました。ビストロ「ヴィヴァン」のシェフ、ピエール・トゥイトゥにとってのパリとは。

ピエール・トゥイトゥ
「ヴィヴァン」シェフ

170506_parisien_25.JPG

Q1. あなたにとってパリの魅力とは?

A1. まずひとつは、伝統を大切にする心でしょうか。ロンドンや南米、日本など、ありとあらゆるところを旅してきましたが、パリに戻ってきてよかったと感じるのは、昔ながらの街並みが残っていること。首都でありながら、村のような規模感と、人付き合いがあるのもいい。毎日6区の自宅から10区の店まで歩いて通っていますが、セーヌ川を渡るときに、そのパリの美しさを見渡せる。そんな肌で感じることのできる、パリの街が好きです。

Q2. 毎日行くカフェや行きつけのレストランは?

A2. 「ル・ドーファン」です。素材を大切にした料理を大理石のカウンターで出すという、自分の店と同じエスプリで、自分の店にいながらにして、料理をしないでよいという気分です(笑)。いろんな使い方ができるのもいいです。例えばワインのつまみに1皿だけ頼むというアペリティフタイムを楽しんだり、1本好きなワインを頼んで、料理をいろいろ試してみたり。それで自分の店が休みの土曜日には、決まってこの店に行くのです。

Le Dauphin
131, avenue Parmentier 75011 Paris
Tel. 01-55-28-78-88
http://restaurantledauphin.net

Q3. パリで思い出の場所は?

A3. 6区で生まれ育った私にとって「カフェ・ドゥ・フロール」は、まさにパリの空気が詰まった場所のように感じられます。朝早くから夜遅くまでオープンしていて、しっかりとしたサービスと、パリらしい雰囲気がある。コーヒーはちょっと高いけれど、それだけの価値がある。心地よいひとときをいつも過ごせるという安心感があるのです。

Café de Flore
172, boulevard Saint-Germain 75006 Paris
Tel. 01-45-48-55-26
http://cafedeflore.fr

Pierre Touitou
パリ生まれ。パリのアラン・デュカスによる3ツ星「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ、ロンドンのピエール・ガニェール「スケッチ」、パリの「レストラン・ケイ」などの経験ののち、「オー・ドゥ・ザミ」を経て独立。「ヴィヴァン」のオーナーシェフに。
Vivant
43, rue des Petites Écuries 75010 Paris
Tel. 01-42-46-43-55
http://vivantparis.com

>>#27 心に残る、美しいイルミネーション。
>>パリ一問一答INDEX

「フィガロジャポン」2017年5月号パリ特集では、ピエール・トゥイトゥがシェフを務める「ヴィヴァン」をご紹介!

photo : TAISUKE YOSHIDA, texte : AYA ITO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。