素顔のパリジャン・パリジェンヌ一問一答。#28

【パリ一問一答】パリならではのテラスの雰囲気が好き。

特集

パリに住むさまざまな世代や職業の人たちに一問一答インタビュー! 住んでいるからこそ感じられる街の魅力やお気に入りスポットを教えてもらいました。「ルレ・サンジェルマン」に務めるバティスト・カンドボルドにとってのパリとは。

バティスト・カンドボルド
「ルレ・サンジェルマン」総務

170507_parisien_27.JPG

Q1. あなたにとってパリの魅力とは?

A1. テラスが街中にあるところです。ひとりで、あるいは友人たちとテラスで癒しのひとときを過ごすことで、生活にリズムをつけられる、日常になくてはならない場所です。僕は、そんな場所は世界中にどこでもあると思っていたら、そうではなかったと知りました。そしてパリのテラスは、その雰囲気も独特です。

Q2. 毎日行くカフェや行きつけのレストランは?

A2. 「ラ・ポワント・デュ・グロアン」です。父の友人である料理人ティエリー・ブルトンが手がけているカウンターバーの店で、父の「ラヴァン・コントワール」よりもカジュアルな感じですが、同じ雰囲気が流れていて、落ちつきます。おいしい料理もたくさんあるし、遊び心に溢れていて好きですね。

La Pointe du Groin
8, rue de Belzunce 75010 Paris
http://www.lapointedugrouin.com

Q3. パリで思い出の場所は?

A3. モンマルトル通りの喧噪の中にあるカフェ「ル・カフェ・ノワール」。映画『アメリ』に出てくる、モンマルトルの丘のカフェのように、何でもない、当たり前のカフェだけれど、古きよき時代のパリを彷佛とさせるようです。

Le Café Noir
65 Rue Montmartre, 75002 Paris
Tel. 01-40-39-07-36

Baptiste Camdeborde
世界中を旅し、日本にも滞在経験がある。2016年より、父Yves Camdebordeの店を手伝う。
Hôtel Relais Saint Germain
9 carrefour de L’Odeon 75006 Paris
Tel. 01-44-27-07-97
http://www.hotel-paris-relais-saint-germain.com

>>パリ一問一答INDEX

「フィガロジャポン」2017年5月号パリ特集では、バティストの父イヴ・カンドボルドが新たに手がけた、シャルキュトリーが自慢の店「ラヴァン・コントワール・デュ・マルシェ」をご紹介!

photo : TAISUKE YOSHIDA, texte : AYA ITO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。