ボントンに出現した Kerzonの香りのブーキニスト。

ニュース

2013年にパリに生まれた香りのブランドKerzon(ケルゾン)。セーヌ河岸の古本屋さんのような移動簡易ブティックに「Flânerie à Paris !(パリの散策)」シリーズを集めて、人気の子供ブランドBontonのブティックで1月15日まで販売中だ。

01-paris-news-bonton-161207.jpg

Bonton の地下一階に置かれたケルゾンの移動ブティック。香りだけでなく、ポシェットのラベルになっているグラフィックな地図のポスターも販売。

 

「パリ散策」のシリーズには、ビュットショーモン公園、チュイルリー/パレ・ロワイヤル、リュクサンブール公園、モンソー公園、サン・ルイ島、ヴォージュ広場の6カ所の香りがある。例えば、リラが花咲き、養蜂馬のあるリュクサンブール公園はハニーとリラの香りの組み合わせ。モンソー公園なら、ジャスミンとチュベローズのミックス……。世界中のどこにいても、これさえあれば、自分の愛するパリを思い出すことができるという、素敵なアイデアだ。ポシェット、パフューム・キャンドル、室内用ミストの3種から選べる。

02-paris-news-bonton-161207.jpg03-paris-news-bonton-161207.jpg

左:『パリの散策』シリーズのパフューム・キャンドルとポシェットのセットは35ユーロ。ポシェットだけは2個のセット売り。
右:『パリの散策』シリーズの室内用ミスト。28ユーロ。

 

Kerzonでは新作も出たので、ここに紹介しよう。新しいコレクションは、L'Herbier de Kerzon(レルビエ・ドゥ・ケルゾン)といって庭、野菜畑、果樹園にインスパイアされた5種の香りがある。野生ニンジン、コルシカの栗、熱帯のいちじく、りんごの花、果肉たっぷりの実。嗅いだことのない香り、嗅ぐ機会に恵まれそうもないこれらの香りには、心惹かれずにはいられない。

暖炉や葉巻にいかが? という9,5cmの長さのカラフルなマッチも新作のひとつだ。Kerzonらしくグラフィックなパッケージなので、ちょっとしたギフトにもこれはお勧めだ。

04-paris-news-bonton-161207.jpg05-paris-news-bonton-161207.jpg

左:L’Herbier de Kerzonのパフューム・キャンドル。35ユーロ。
右:マッチ 9ユーロ。

 

Kerzon
www.kerzon.paris/en/

Bonton
5, boulevard des Filles du Calvaire
75003 Paris
tel:01 42 72 34 69
営)10:00~19:00
休)日

réalisation:MARIKO OMURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。