トゥール・ダルジャンのパン屋さんがセーヌ沿いに。

ニュース

その名はBoulanger de la Tour(ブーランジェ・ドゥ・ラ・トゥール)。昨秋、レストランla Tour d’Argent のあるセーヌ河岸の並びにオープンした。高級レストランが経営するパン屋さん……さぞや価格も、と思いきや、拍子抜けするほど普通の値段なのに驚かされるし、嬉しくなる。

工房で焼かれ、次々とブティックに並ぶパン。バゲット・ドゥ・ラ・トゥール(1ユーロ)、クロワッサン(1,20ユーロ)、とうもろこしパン(2,30ユーロ)。お菓子類は、フラン(2,50ユーロ)、ミルフィーユ(5,20ユーロ)、さまざまな味のエクレアやタルトといった、いかにもパン屋さんのクラシック・スイーツばかり。マドレーヌ、フィナンシエといった粉ものはもちろん!

170209_parisnews_01.jpg

トゥール・ダルジャンの品格を感じさせる美しい大理石が美しい店だ。

170209_parisnews_02.jpg170209_parisnews_03.jpg
170209_parisnews_04.jpg170209_parisnews_05.jpg

パンの種類は豊富。パン屋さんがない界隈だったので、地元の人々がこの店の開店には大喜びをしたそうだ。

窯を守るのは、TV の料理番組が生んだスター・シェフのシリル・シニャックのもと、そしてフィリップ・マルク・ジョクトゥールのブーランジュリ・デ・ザンヴァリッドで仕事をしたアレクシ・ブルジョだ。まだ25歳。素材とフランスのサヴォワール・フェールへの敬意を忘れず、食べる人を喜ばせるパン焼きを心がける。

トゥール・ダルジャンといったら、鴨。パンを抱えた愛らしいダックのイラストがトレードマークで、そのイラストがついたバッグの販売もしている。ケーキを買った時に箱に結ばれるボルデュック・リボンにも、このイラスト。リボン欲しさに、ケーキを買ってしまうことになるかもしれない。

170209_parisnews_06.jpg170209_parisnews_07.jpg

左:のみの市でみかけるようなちょっと古風なイラストが魅力のラッピング・リボン。
右:トゥール・ダルジャンのトゥール(塔)つきTourte de meule(7,10ユーロ/キロ)。お土産にいいかもしれない。

170209_parisnews_08.jpg170209_parisnews_09.jpg

パン屋さんらしい素朴なお菓子類。

Boulanger de la Tour
15-17, quai de la Tournelle
75005 Paris
tel 01 43 54 23 31
営)7:00~20:00(土日 8:00〜)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。