ピザ・ブームのパリで、マルゲリータ5ユーロに行列!

ニュース

今、パリではピザが大人気。11区でEast Mamma、Ober Mamma を成功させ、ピザ・ブームの仕掛人となった39歳の二人の男性が、ナポリのトラットリアの雰囲気で、ナポリと同じ素材、同じ味、そして同じ価格でピザを提供するレストランを3月16日にオープンした。そのPizzeria Popolare(ピッツェリア・ポポラーレ)の前には、毎日12時の開店時になると長い行列ができるのだ。

170329-paris-news-01.jpg

レオミュール通りとモンマルトル通りのコーナーにできた、オープンキッチンの広大なピッツェリア。photo:Jérome Galland

このレストランの話題は、なんといってもマルゲリータが5ユーロ ということ。チーズなしのマリナーラなら更に安く、4ユーロである。ピッツェリアとはいっても、メニューにはイタリア料理お馴染みの前菜あり、パスタありなのでオープンキッチンの中はフル回転だ。2フロアからなるレストランで合計900平米という広さで、席数は250。

170329-paris-news-02.jpg170329-paris-news-03.jpg

左:このグループが手がける店は、お皿が可愛い。前菜のブッラータ 11ユーロ。photo: Mariko OMURA
右:モッツァレラのフライやナポリ・ストリート・フードは1種8ユーロ。ビールやワインは食事メニューに並んでいる。photo:Joan Pai

 

170329-paris-news-04.jpg170329-paris-news-05.jpg

左:ピザは4~16ユーロ。
右:デザートにはもちろんイタリアン・アイスクリーム!photos:Joan Pai

 

“庶民のピッツェリア”という店名ではあるけれど、レストランの内装は見応え満点の凝りようだ。ドリンク・メニューに並ぶアルコールは500種類。15,000本のボトルが壁の上から下までの棚に並べられ、ライティングの中で赤、グリーン、琥珀色といった液体を輝かせている。その様は、圧巻で見惚れてしまう。店内で使われている木材はトスカーナ地方の300年ものだし、古い赤いタイルはイタリア南部の農家で使われていたもの……。

170329-paris-news-06.jpg170329-paris-news-07.jpg

500種のアルコールがバーのメニューに揃えられている。ジン、テキーラ、ウィスキー……並ぶボトルは15,000本。photos:Jérome Galland

 

木〜土曜はディナータイムが終わると、テーブルを店の片隅に追いやってイタリアを始めさまざまな国のミュージシャンによるライヴの始まりだ。この週末のバー&クラブは深夜2時までの営業である。元気で陽気な若いパリに、乾杯!

170329-paris-news-08.jpg

週末の夜、思いっきり楽しもう。 photo:Jérome Galland

Pizzeria Popolare
111, rue Réaumur
75002 Paris
営)12:00~14:30、19:00~22:45(月〜木)、12:00~15:30、19:00~23:00(金〜日)
予約不可
www.bigmammagroup.com/fr/trattorias/pizzeria-popolare

réalisation:MARIKO OMURA

  • パリ
  • ピザ
  • レストラン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。