グラン・パレで桁外れのインド宝飾品に心奪われる快感。

ニュース

6月5日までグラン・パレで開催されている『ムガール皇帝からマハラジャまで:アル サーニ コレクションの宝石』展は、見逃せない。インドのムガール帝国の時代から現在に至る5世紀にわたるジュエリーの歴史、趣味の変遷、技術の進化などを250点以上の宝飾品を通じて……というのだが、何も考えず、圧倒的な煌めきを放つ目の前のジュエリーの美しさを眺めるだけでも、至福の時間が過ごせる。これらは、カタールのアルサーニ殿下によるコレクションだそうだ。それも、たった8年間に収集したコレクション!

170411-paris-news1-01.jpg

展覧会のメインビジュアルにも使われているのは、60,50カラットのダイヤモンド“l’Oeil du Tigre(トラの目)”を様々なカットを施されたダイヤモンドの白い輝きがとり囲むターバン用ブローチ。ロンドンのカルティエが1937年に制作。
© The Al Thani Collection. Tous droits réservés. Photo Laziz Hamani

その昔、ダイヤモンド、サファイア、ルビー……インドで産出される豪華な宝石を、ターバンに、装身具に、さらにスプーンや刀剣などに、と皇帝たちは贅を尽くしてふんだんに飾り立てたものだった。ヨーロッパの王室同様に、インドにおいても宝飾品は権力のシンボルであり、そのおかげでジュエリー文化が開花。その後、各地のマハラジャたちが、カルティエを始めとするヴァンドーム広場のジュエラーに、あまりある宝石を託して、クリエーションを依頼したことで、洗練された宝飾品がインドのジュエリーの歴史に加わることになったのだ。なお、この交流によって、パリのジュエラーはインドからのインスピレーションを生かしたジュエリーの創造によって、顧客をエキゾチズムで酔わせることに……。

170411-paris-news1-02-03.jpg

左:ナワナガルのルビー・ネックレス。1937年カルティエ。© Christie’s Images Ltd
右:メレリオ・ディ・メレによる1905年のエグレット。© The Al Thani Collection 2015. Tous droits réservés. Photo Prudence Cuming Associates Ltd

170411-paris-news1-04-05.jpg

左:マハラジャSir Sri Krishnaraja Wodeyar Bahadur の1906年ごろのポートレート。どのようにジュエリーで飾っていたかが、なぜこれほどジュエリー文化が栄えたのかがよくわかる。© Victoria and Albert Museum, London. Tous droits réservés.
右:ダイヤモンド、エメラルド、スピネルなどをあしらったターバン飾り。1675~1750年ごろ。© The Al Thani Collection 2013. Tous droits réservés. Photo Prudence Cuming Associates Ltd

170411-paris-news1-06-07.jpg

19世紀末のターバン飾り。使われている17世紀のスピネルにはペルシャ語の彫り物がある。
© The Al Thani Collection 2013. Tous droits réservés. Photo Prudence Cuming Associates Ltd

会場内は、ジュエリーの輝きをより魅惑的にみせる暗めの照明。テーマごとにブースが作られ、会場内を自由にあちらへ 、こちらへ、と散策するようにジュエリーを見て回れる。翡翠と水晶のコーナーでは、白い翡翠のボールやプレートがエレガントで美しい。圧巻はゴールドとメタルのオブジェを展示する、メタルの細い帯と小さな照明がつくりあげるタージマハールのクーポールにインスパイアーされたブースだ。輝きの中に閉じ込められたような、少々ミステリアスな体験ができる。

ダイヤモンド28.15カラットもの大きなピンクダイヤモンドのl’Agraや、ペルシャ語で彫り物がある30.61カラットのエメラルドなど石そのものの展示も見事(もっとも、あまりにも大きすぎて、本物と信じられないほど!)。この機会を逃したら一生目にできそうもないジュエリーの数々が待つ、宝石ファンでなくても楽しめる展覧会だ。

170411-paris-news1-08.jpg

バロックパール、エメラルド、ダイヤモンド、サファイアを用いた1575~1625年ごろのペンダント。© The Al Thani Collection 2016. Tous droits réservés. Photo Prudence Cuming Associates Ltd

170411-paris-news1-09-10.jpg

左:1925〜1950年ごろの鼻用装飾。エメラルド、パール、ダイヤモンド、ゴールド。© The Al Thani Collection 2013. Tous droits réservés. Photo Prudence Cuming Associates Ltd
右:ゴールド、ルビー、エメラルド、パールで飾られたローズ・ウォーター・スプレー。高さ25.7cm。1675〜1725年ごろ。© The Al Thani Collection 2013. Tous droits réservés. Photo Prudence Cuming Associates Ltd

「Des Grands Moghols aux Maharajahs , Joyaux de la collection Al Thani」展
会期:~2017年6月5日まで
会場:Grand Palais
Salon d’Honneur
Avenue du Général Eisenhower
75008 Paris
開)10:00~20:00(水 ~22:00)
休)火
入場料:13ユーロ

 

réalisation:MARIKO OMURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。