パリ12月のマルシェ 「ノエルのサブレ」

パリのマルシェとレシピ。

パリの街は、ノエルのデコレーションで一層華やいできました。
年に一度の大イベントに向けて、パリジャン達は贈り物の準備の真っ最中。デパートやブティックはどこも賑わっています。

今日は久々に、日曜日の大きなマルシェPorte Dorée ポルト・ドレへ。
メトロ Michel Bizot駅から出ると、ヴァンセンヌの森までスタンドが長く連なっています。

01-parismarche-161214.jpg

入り口側には、おじいちゃんスリッパの定番品‥だったのですが、最近可愛さを見直されてリバイバル。これと同じようなものに、ブランドマークをつけたものがマレのお洒落な店などで売られています。

02-parismarche-161214.jpg

秋に収穫されたナッツ、ぶどう、いちじく、プラムなどドライフルーツが豊富。

003-parismarche-161214.jpg

真冬なのに熱帯フルーツ?ですが、南の国からはるばる届くライチーやマンゴーは今がまさに旬。

04-parismarche-161214.jpg

そして、ドミニカ産のパイナップルも立派なもの。この時期にいつも作るのは、トウモロコシの粉にラム酒をたっぷり入れて作るパインケーキ。

05-parismarche-161214.jpg

ドカン!と大味そうですが、週末に家族と一緒に食べるのに人気のタルトです。

06-parismarche-161214.jpg

ノルマンディー産牡蠣のスタンドでは、ノエルと大晦日の予約が始まっています。

07-parismarche-161214.jpg

ここは、パリの公園や森に蜂の巣箱を置いて“パリ産はちみつ”を作っているところ。今月の代官山の料理教室の為に、マスタード入りのはちみつを買いましたよ!(待っていてくださいね)

08-parismarche-161214.jpg

このマルシェへ行く時には、ぜひとも寄っていただきたいBoulangerie Vandermeersch ブーランジェリー・ヴァンデルメルシュ(278, Av Daumesnil 75012 Paris)は、マルシェ通りの途中にあります。

09-parismarche-161214.jpg

ここで買いたいのは、名物アルザス風のクグロフ(急がないと売り切れに!)。他には本国フィガロ誌のコンクールで1位になったというミルフィーユ、サントノレ、パリブレスト‥‥食べたいものがいっぱいで迷いますが、この季節ならではのモンブランを。

10-parismarche-161214.jpg

ノエルのモミの木をお父さんが担いで、子供達が嬉しそうに横を歩いて帰る風景は、毎年のことながら微笑ましいもの。

今日は私もノエル支度。秋のナッツとピーナツバターをベースに、3つのフレーバーをつけた サブレを焼いてみました。

 

ノエルのサブレ』
  Sablés de Noël

11-parismarche-161214.jpg

-材料(約40枚分)-

<ベース生地>
ピーナッツバター 100g
植物油(グレープシードオイルなど)60cc
砂糖(甜菜糖など、精製されていないもの)100g
卵     1個
薄力粉      250g

<フレーバー>
A---モミの木形:抹茶 大さじ1、仕上げに粉砂糖
B---星形:シナモン、生姜パウダー(又はおろし生姜)各小さじ1/2
C---丸形:砕いたナッツ 大さじ2、粗挽き黒胡椒 ひとつまみ

<ベース生地>
1. ボールの中に、粉を振るいながら入れる。
2. 別ボールにピーナッツバター、油、砂糖、卵を入れ、泡立て器で混ぜたら、①の中に少しずつ注ぎ入れながら、木べらでさっくりと混ぜる。
3. 生地を三等分して、それぞれの生地にフレーバーを入れて混ぜる。各生地を丸くまとめたら、ラップで包み冷蔵庫へ1〜2時間入れる。
4. 冷蔵庫から取り出したら、打ち粉(分量外)をしながら台の上に載せて、1cmくらいに麺棒で伸ばし、型抜き。
5. 170度に温めておいたオーブンに入れて、20分ほど焼く(焼きたては柔らかく割れやすいので、皿への移動は包丁か金属製の薄いヘラに載せる)。
6. 冷めたら、もみの木形に粉砂糖を振る。

冬にこそ摂りたいナッツのエネルギーいっぱいのサブレです。
袋に詰め合わせたらリボンをかけて。小さいけれど、温かみのあるプレゼントになります。

■Marché Porte Dorée マルシェ・ポルト・ドレ
Avenue Daumesnil 75012 Paris
営)木・日7〜14時30分
メトロ)8番線Michel Bizot 駅かPorte Dorée駅下車

 

──料理教室のご案内──
今年も東京・代官山で料理教室を開催いたします!!

●「ノエルと新年のおもてなし」
場所:代官山 AL Tokyo
日時:12月17日(土)11~14時/16時30分〜19時30分 の2回。
詳細とお申し込みはこちら

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております!!

SACHIYO HARADA
料理クリエイター

長い間モードの仕事に携わった後、2003年に渡仏。料理学校でフランス料理のCAP(職業 適性国家資格)を取得。 パリで日本料理教室やデモンストレーション、東京でフランス料理 教室を開催。フランスの料理専門誌や料理本で、レシピ&スタイリングを担当。2016年春、ベジタリアン向けの料理本『LA CUISINE VEGETARIENNE』をフランス全土と海外県、ベルギー、スイス、イギリスなどのヨーロッパ各地で発売。この連載をまとめた『パリのマルシェを歩く』(CCCメディアハウス刊)が発売中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。