いぬパリ

涙なしには語れない、パリのゲイシャとロウニン

いぬパリ

170215-inuparis214_001.jpg

こんにちは、吉田パンダです。今年のパリも暖冬でした。さらに、ここ10年で一番大気汚染がひどいということで、なんだかモヤモヤとした空気が街を包んでいます。

170215-inuparis214_002.jpg

バスの窓からモヤモヤ。

170215-inuparis214_003.jpg

パリ市内の渋滞がひどいこともあり、最近は車に乗らず、バスやメトロでモヤモヤ移動しています(バスは専用道路がある)。

170215-inuparis214_004.jpg

冬はコタツで、みかんとオレンジの季節(コタツはないけど)。

170215-inuparis214_005.jpg

さて、パリにもコーヒー業界サードウェーブの波が訪れて、はや数年。ついについに、我がご近所15区にもサードウェーブコーヒー店ができましたYO!!

O Coffee

オープンしてまだ数ヶ月と言っていました。しかしサードウェーブ店はどこも、なぜか英語圏のお客さんが多く(店員さん含め)、アウェィ感があるなあ。
15区にも、ちょっとオシャレな英語圏の客がいたんだ、、、と思うような。なぜこんな僻地(←オイ)に店を出したのか、どんなコンセプトなのかとかは聞いていませんぜ。あしからず。

・いまさら聞けないコーヒー第三の波、「サードウェーブ」とは

170215-inuparis214_006.jpg

ふっ、、ご近所で美味しいフラットホワイトが飲めるとはな、、(小さな感動)。
ちなみにこのコーヒー店があるルーメル通りは、ちょっとしたグルメ通りとして知られてます(限定的に)。
通りに入ってすぐ、MOF(国家最優秀職人)ローラン・デュボワのフロマジュリーがあり(何を買っても旨い)、その向かいには名前は忘れたけど、美味しいローストチキン屋さんが並ぶといった具合に。フィガロのパリ特集で取り上げられる日も、遠くないかも知れませんね。

フロマジュリー・ローラン・デュボワ
 

今見ていたら、いつのまにか11区に三店舗目もオープンなさっておられました(2012年)。

170215-inuparis214_008.jpg

そんな中こんな中、ルーメル通り向かいにある美味しいビストロのテラスにて、二匹の犬に出会いましたよ。

ビストロはこちら。La Cantine du Troquet
 

170215-inuparis214_007.jpg

はい、二匹とも気をつけ!!
お行儀よく並んでいるのはシベリアンハスキーの「芸者」と、えーと、、犬種は忘れましたが、見た目によらず甘えん坊の「浪人」。
ゲイシャとロウニン、です。なんでそんな名前なの?? と聞いたら、ハスキーの方は隈取りがゲイシャっぽいでしょと、、、。いや、
それを言うなら「カブキ」じゃね(心の声)? ロウニンは施設から引き取ったので、主君を失ってロウニンと、、うっ、、涙なしには
聞けない話でござる、、。

170215-inuparis214_009.jpg

おい、そこの!! 頭を撫でねば、お主の顔を舐めるでござるよ!! はいはい、舐めるどころか頭突きされましたけど。

 

この二匹と飼い主のエドワードさん、今年は日本に旅行するそうです。
「フランス人が犬と日本を旅行するって、テレビに企画として取り上げてもらえないかな?」とエドワードさん。
いやー、どーかなー、それはちょっとなー、と適当に答えておきました。需要がありましたら、ご連絡ください。

次回はパリ10区から。生後4カ月のチャウチャウをご紹介する予定です。どうぞお楽しみに。

吉田パンダ Panda Yoshida
フォトグラファー

世界の犬とおいしいものを、こよなく愛するフォトグラファー。スタジオ勤務を経て、2000年よりパリに拠点を移す。愛犬は黒いトイプードル。雑誌・広告媒体では吉田タイスケとして、旅、ライフスタイルを中心に幅広く活動。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。