ジャン・ポール・ゴルチエによる壁紙は、一味違う。

PARIS DECO

パリに新しく生まれるレストラン、ホテル、ブティックのどこを見ても、おしゃれなインテリアには壁紙が不可欠! と確信させる。フラミンゴ、パームツリーといったパラダイス調やら、超クラシックなウィリアム・モリス……モチーフはさまざま。

種類の豊富さで迷うほどなのに、さらに、新たにジャン・ポール・ゴルチエの壁紙というのも登場した。

これは1914年創業のインテリアファブリックのメゾン・ルリエーヴルとのコラボレーションだ。このメゾンが壁紙を発表したのはこれが初めて。ゴルチエとは2012年からファブリックの仕事を共にしていて、互いの信頼関係から新しい冒険が生まれたのである。

今年1月から販売が始まったジャン・ポール・ゴルチエがデザインした壁紙。花柄、ボーダー、刺青……クチュリエ界の大御所が愛するモチーフを、これまでインテリア市場には存在しなかった斬新なモチーフに仕上げた15種。

170222-parisdeco-01-02.jpg

左:Flamoyant ロマンチックな花柄。108ユーロ
右:Basque グラフィックな格子。105ユーロ

170222-parisdeco-03-04.jpg

左:Quiberon ゴルチエおなじみのボーダー。190ユーロ
右:Récréation 18世紀のトワル・ドゥ・ジュイからのインスピレーション。199ユーロ

170222-parisdeco-05-06.jpg

左:Hirondelles 軽やかに空を舞う雲雀たち。110ユーロ
右:Irézumi  刺青。110ユーロ

170222-parisdeco-07-08.jpg

左:César セザールのようにメタリックなオブジェをプレス! 210ユーロ
右:Brume 湖にかかる霧の幻想的な光景。123ユーロ

 

大村真理子 Mariko Omura
madame FIGARO japon パリ支局長
東京の出版社で女性誌の編集に携わった後、1990年に渡仏する。フリーエディターとして活動し、2006年より現職。主な著書は「とっておきパリ左岸ガイド」(玉村豊男氏と共著/中央公論社)、「パリ・オペラ座バレエ物語」(CCCメディアハウス)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。