Parisienne file.vol.11 エルミーヌ・シャントー / フリーランスアートディレクター

手軽に、無造作に、パリジェンヌのヘアアレンジ4種。

パリジェンヌファイル

シーンに合わせて、ラフにアレンジ。

ジェーン・バーキンやイネス・ド・ラ・フレサンジュ、そしてキャロリーヌ・ド・メグレからジャンヌ・ダマスなど新世代のミューズにいたるまでパリジェンヌといえば、ラフで無造作なスタイルが持ち味。
髪型もあえてくしゃっとハンドブローで整えるだけのナチュラルさがクール! そんな彼女たちもシニョンやク・ド・シュヴァルと呼ばれるポニーテール、三つ編みなどTPOにあわせてヘアアレンジを楽しみます。だれかと話ながら、道を歩きながら、鏡も見ないで素早くささっとアレンジする光景は日常でよく目にするシーン。今回はロングヘアが自慢のエルミーヌにアレンジ術を紹介してもらいましょう。

_DSC0833-f580.jpg

子供の頃からずっとロングスタイルだったというエルミーヌ。
「一度だけ、13歳の時に友達の間でショートヘアが流行って、わたしも思いっきり短くカットしたの。でもやっぱりロングが落ちつくから、それ以来ずっとこのスタイルよ」。普段はN.Y.のBumble and Bumbleのヘアプロダクトを愛用している彼女。ドライヤーを使わないことが唯一のヘアケアのこだわりだそう。「ドレスを着替えるようにヘアスタイルを変えるのが楽しい。髪型からシューズまでトータルで自分らしいファッションスタイルが作れるから、これからもロングはキープする予定よ」。

パリジェンヌのおすすめ、ロングヘアのアレンジ4種。

【ボリュームシニョン】

「きちんと見えるから、仕事の打ち合わせの時にはこのスタイルが多いですね」。高い位置でポニーテールを作り、くるっとまとめて2本のピンで留めるだけ。待ち合わせ途中、道を歩きながらでも簡単にできるから便利だそう。「同じアレンジでも2度と同じ仕上がりにならないところも気に入っています」。

【アシンメトリーな三つ編みスタイル】

最近一番出番が多いアレンジがこれ。「服を選ばずにどんなスタイルともマッチするし、シャンプー後に完全にドライでなくても、気がつかれない(笑)便利なスタイルよ」。

【サイド編み込みスタイル】

サイドポイントのアクセントになるから、パーティの時にアレンジすることが多いそう。「このスタイルには、片耳だけに揺れるピアスをつけてアシンメトリーなニュアンスを楽しむんです。シンプルなファッションでも、ヘアアレンジで印象的なドレスアップスタイルになりますよ」。

【ヘアバンドのスタイル】

「ウィークエンドやバカンス先ではこんな風にヘアバンドを愛用します。60年代のシネマ女優みたいなクラシックなイメージ。カットオフジーンズにTシャツとか、コットンのシンプルチュニックとか、開放感いっぱいの週末や旅先だからこそのリラックスファッションに合わせるのが好きなんです」。

Hermine Chanteau / エルミーヌ・シャントー

パリ7区の生まれ。エコール・ド・ボザールでコミュニケーション・ヴィジュアルを専攻し、卒業後は、大手広告エージェントに就職。老舗百貨店のボンマルシェをはじめ、リュクスなファッションブランドなどのコマーシャル制作に関わる。2014年に独立。ファッションブランド、コスメ、ランジェリーなどパリジェンヌに人気のさまざまなブランドで広告のアートディレクターとして活躍中。

photos:AYUMI SHINO, réalisation:HIROKO SUZUKI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。