Present

可愛いバスクのお土産を計31名様にプレゼント!

Present

ピレネー山脈を抱え、 西は大西洋に面したバスク地方。フランスとスペインにまたがるバスク7州は、海と山が育んだ食材と、自然とともに暮らしてきた伝統のクラフトが魅力。スペインバスクの素朴な雑貨、山バスクの工房から生まれる伝統のリネンやエスパドリーユ、海バスクのクリエイターたちが発信するデザイン雑貨などなど。「フィガロジャポン」本誌8月号でご案内した「おいしくて可愛いバスク。」の旅で、フィガロが見つけた、とっておきのお土産をおすそわけします!

バスク旗のデミタスカップ(5名様)

170623_present_basque_01.jpg

バスクの旗印のクラッシュト・カップは、エスプレッソ用の小さなサイズ。ビアリッツにアトリエを置く、テーブルウェアのブランド、アシエット&カンパニーのデザイン。2個セットで。

バスク・リネンの布巾(7名様)

170623_present_basque_02.jpg

バスク7州を表わす7本ラインをあしらった伝統のバスク・リネンは、グラフィックに進化。 ティサージュ・ドゥ・リュズのキッチンリネン(H71×W51cm)はコットン100パーセント。2枚セット。

バスケット(2名様)

170623_present_basque_06.jpg

サン・セバスチャンで100年以上続くカゴ専門店で見つけたバスケット。南スペインで多く生産されるパームツリーの皮を使って編んだ素朴さがたまらない。

ポーチと石鹸5名様)

170623_present_basque_04.jpg

エスパドリーユのための丈夫で色彩豊かなテキスタイルを使った「ラルティーグ1910」のサイズが異なる大、小のポーチと、高質なキントア豚の脂を使い、イツァスーの農家クリスチャン・アゲールが手作りした贅沢な石鹸。ラベンダーのエッセンシャルオイル入りで、芳香にうっとり。

エプロンとミニバッグ(3名様)

170623_present_basque_05.jpg

老舗のバスク・リネン、サン=パレ発信の「オナ・ティス」のエプロンと、アスカンにアトリエを持つ「ラルティーグ1910」のポケットつきミニ・トート。フランスとスペインにまたがるバスク7州を意味するカラフルなストライプが、生活を楽しく彩ってくれる。

栗の木のカゴ(2名様)

170623_present_basque_07.jpg

バスク人にとって身近な存在である栗の木を使った小さなカゴ。バスクのバルやレストランではこのカゴにパンを入れて提供する、マストアイテム。食卓でぜひ再現してみて。

ほうろうのコップ(2名様)

170623_present_basque_08.jpg

街を歩くとあちこちで見かけるのが、ラウブルというバスクを表す十字マーク。そのマークをアクセントにしたほうろうのコップは、サン・セバスチャンの民芸品店アルボカの人気アイテム。

エスパドリーユ(5名様)

170623_present_basque_03.jpg

エスパドリーユは、海バスクの人たちの愛用品。サン=ジャン=ドゥ=リュズに並ぶショップの中で、一際目を引くサンダル・バイヨナは、壁にずらりと展示された色鮮やかな品揃え。サイズ37のみ。

 

※ 応募者多数の場合は厳正なる抽選のうえ、当選者を決定いたします。
※ ご当選者の方には、7月下旬ごろにご登録いただいているメールアドレス宛にご連絡いたします。
※ 当プレゼントは、アライドアーキテクツ(株)運営の「モニプラ」サイト内からご応募いただきます。アライドID利用規約に同意の上、ご応募ください。

 

ご応募はこちら

170213_line_01.jpg

≫フィガロ公式LINEアカウントを友達に追加して、プレゼント情報を受け取る

応募締切:2017年7月20日(木)24時

photos : TOSHIAKI MIYAMOTO, YUJI ONO, AYUMI SHINO, réalisation : MASAE TAKATA (PARIS OFFICE), KAORUKO YASUDA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年9月号 No.495

      いいモノ語り。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。