in PARISFRANCE

  • EAT・FRENCH

パリの18世紀サロン風の店で味わう、フランス伝統料理。

Chez la Vieilleシェ・ラ・ヴィエイユ

パリでは昨今、あらためてクラシックなフレンチが求められている。ルーブル美術館やパレ・ロワイヤルからも近い、パリらしいサロン風の店「シェ・ラ・ヴェイユ」では、みなに愛されるフランス伝統料理をいただける。

paris-201705-139-vieille03.jpg

クラシックとモダンが共存した2階のフロア。年配のカップルから、ビジネスマン、若者と客層は幅広いが、共通点はパリ中を食べ歩いているグルマンたちということ。

その昔は前菜がカウンターに並び、著名人が数多く訪れたビストロ、シェ・ラ・ヴィエイユ・アドリエンヌ。同店を、数々の人気店を打ち出してきたシェフ、ダニエル・ローズが買い取りリニューアルオープン。年季の入った上階の住人と共用の階段を上ると、パリらしい光と影を感じる18席のサロンに着く。レ・アールに中央市場があった時代を思い起こさせる、仔牛頭肉の前菜や、トリッパの煮込みなどの内臓料理、ニシンとポテトのオイル漬け、老若男女問わずみなから愛される仔牛のシチューといった伝統料理がメニューに揃う。いまの時代に即した小ポーションで供されるのも人気の理由で、オープンから5カ月ですでに予約困難! 予約を取らない1階のカウンター席には、グラスワインとひと皿だけをさくっと楽しむ常連客も。持ち帰りも可能な鶏出汁のブイヨンスープも看板メニューのひとつだ。

paris-201705-139-vieille06.jpg

不動の人気を誇る仔牛のシチューは、アプリコットとアーモンドを散らしたピラフがおとも。「La Blanquette de la Vieille」20ユーロ。骨を抜いた仔牛の頭肉も、グルマンたちが目を輝かせる一品。カリッと焼き上げた肉に、茹でたジャガイモ、ビネガーの利いたラビゴットソースをたっぷり合わせて。ゼラチン質の多いこの皿も、控えめなポーションで出してくれるのがうれしい。「Têtede Veau Ravigote」9ユーロ

paris-201705-139-vieille02.jpg

少し苦味のある葉野菜フリゼに、燻製香が食欲をそそるモルトーソーセージとクルトンを合わせたサラダ「Morteau Frisée」8ユーロ 

paris-201705-139-vieille04.jpg

エシャロット、ニンジン、パセリと合わせたレンズ豆に、口溶け感のよいフォアグラのテリーヌをのせて「Lentilles FoieGras」13ユーロ

paris-201705-139-vieille05.jpg

肉の旨味がぎゅっと詰まった鴨肉のテリーヌ。添えてあるのはタマネギのコンフィとホースラディッシュ。「Terrinede Canard Adrienne」11ユーロ。クラシック系と自然派、全70種ほど揃えたワインはグラスで5ユーロから用意する。

paris-201705-139-vieille01.jpg

画像キャプション昔からの外観はそのままに。ルーヴル美術館やパレ・ロワイヤルからも近い便利な立地だ。

 

INFORMATION

Chez la Vieilleシェ・ラ・ヴィエイユ

1, rue Bailleul 75001

01・42・60・15・78 

LOUVRE RIVOLI

12時~14時30分 L.O.、19時30分~22時30分L.O. 休)日、月 

MASTER、VISA

www.chezlavieille.fr

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos : SHIRO MURAMATSU, réalisation : AKIKO KAWAMURA

※掲載情報はFIGARO 2017年5月号より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。