人気風水師・李家幽竹さんが厳選した、2017年の開運旅。#09

古きよき文化が宿る岩手・中尊寺で、自分を見つめ直す。

特集

人気風水師の李家幽竹さんが厳選した、2017年の最強のパワースポットを紹介する好評連載も、残すところあと2カ所に。
この9月は今年は1度しかない、ご利益6倍の開運月。
9/7~10/7の間に、吉方位へ旅すると、なんと開運旅へ6回行った分のパワーがチャージでき、さらに9月12、21、30日に出発すると、なんと効果が10倍の運気というご利益満載の1カ月がやってきます。
自分の吉方位へ自ら動いて運を取りにいく「開運旅」は、運の代謝を上げ、活性化するので、運気アップの即効性が期待できる開運アクション。
開運旅の効果は4カ月目から出てくるので、来年の運気アップを早くも期待して、9月の開運旅で心も身体も運気もパワーチャージを!
厳選パワースポット9カ所目は、情緒豊かな岩手県の中尊寺です。自分を見つめ直すスペシャルな旅へ!

【関連記事】開運旅を決める、あなたの吉方位は?

開運スポット #09.岩手県 中尊寺

強力な浄化力で悪運をリセット!
自分の進むべき道を教えてくれる。

170803-chusonji-01.jpg

中尊寺で最もパワーの強いスポットは、金色堂が保管されている覆堂。順路どおりに参拝し、金色堂から発せられる金の気をいただこう。また、覆堂に向かう石段の左側にある杉の木付近にも強い気が。写真を撮ったり深呼吸したりして気を吸収して。

2011年に世界文化遺産に登録された、平泉の中尊寺。その昔、砂金の産地として栄えたこの地には金の気が満ちており、金運や豊かさをもたらすのはもちろん、強力な浄化とリセットのパワーで、特に金運にまつわる金毒をクリアにしてくれる。一方で、人生に迷い、方向性が見えなくなっている時には、進むべき道を示してくれる運気も。なかでもおすすめのパワースポットは、本堂へ向かう途中の月見坂や覆堂(金色堂)。とりわけ、浄化とリセットを望むのであれば午前中の早い時間が効果的だ。少し奥だが、敷地内にある白山神社の参道にも強い気が。また車で約10分の場所にある毛越寺には、大きな池を中心とする浄土庭園が残り、笑顔で過ごすことで豊かさや楽しみ事を受け取れる。時間があれば、立ち寄ってみよう。

170803-chusonji-02.jpg

月見坂から本堂へ続く道は、歩くだけで運気を浄化。目の前に立ちはだかる障害を打ち砕く、大きな力を与えてくれる。

170803-chusonji-03.jpg

月見坂の両脇に並ぶのは、江戸時代に伊達藩が植樹したとされる杉木立。樹齢300年を超える老杉とひんやりとした山の空気が、背筋の伸びる荘厳な雰囲気を醸している。

中尊寺 チュウソンジ

岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
tel : 0191-46-2211
拝観時間:8時30分〜17時(3/1〜11/3)、8時30分〜16時30分(11/4〜2月末)※10分前に拝観券発行を終了
拝観料:大人¥800、高校生¥500、中学生¥300、小学生¥200
アクセス:JR東北本線平泉駅より徒歩約25分、または岩手県交通バス国道南線で約5分の中尊寺下車すぐ
www.chusonji.or.jp

▶宿泊はストレスを和らげ、人間関係を良好にする美肌の湯へ

---page---

stay 悠の湯 風の季

ふんだんな大地の恵みで、
身体も心もリフレッシュ。

170803-kazenotoki-01.jpg

樹々の木漏れ日が優しく降り注ぎ、豊沢川のせせらぎが耳を撫でる源泉100%の掛け流し温泉。“美肌の湯”との評判も高いアルカリ性単純泉は、ストレスの滞りをなくし、人間関係を良好にするなど総合的な運気を底上げする効果も。

花巻南温泉峡に位置する湯宿は、緑の木々に囲まれ、自然の息吹を間近に感じられる心地よさ。温かみのある木の風合いや、ところどころ障子をアクセントとした和モダンなインテリアが、ほっこりと心を和ませてくれる。自慢のお風呂は、源泉100%の掛け流し温泉。大地のパワーが溶け込んだ、やわらかな天然温泉を満喫しよう。

170803-kazenotoki-02.jpg

個室風に仕切られたラウンジが空間をリズミカルに演出する、エントランスロビー。モダンでユニークなレイアウトが、リゾートステイの非日常感を盛り上げてくれる。

170803-kazenotoki-03.jpg

夕食は、四季折々の地元食材を取り入れた会席料理。厨房の活気を感じられるオープンキッチンのメインダイニングで、彩り豊かな出来たてのお料理を召し上がれ。

悠の湯 風の季 ハルカノユ カゼノトキ

住所:岩手県花巻市湯口松原36-3
tel : 0198-38-1125
施設、料金:全50室 1名¥12,000〜(1室2名、2食付き)
チェックイン15時、チェックアウト10時
アクセス:JR東北本線花巻駅より岩手県交通バス新鉛温泉行きで約22分の松倉温泉下車すぐ
kazenotoki.jp

▶旅先のくつろぎタイムは、こだわりのクラフトビールを味わって。

---page---

eat ジョーズ ラウンジ

旅先の街の賑わいになじむ、
アットホームなカフェレストラン。

170803-joe'slounge-01.jpg

通りに面したガラス張りのお店は、明るくて開放的。オーナー自作というウッドデッキからは、“ウェルカム”なムードが漂う。

アメリカンダイナーの陽気さとウッディな温もりが共存する、カフェレストラン。テラスや店内のインテリアは、オーナーをはじめスタッフたちのDIYの賜物というから驚きだ。チキンカレーが隠された自家製ポットパイや、まるでケーキのようなローストビーフ丼は、ワクワク感と驚きのある人気メニュー。昼はフレンチプレスコーヒー、夜は食事にマッチするこだわりのビールやワインが揃う。

170803-joe'slounge-02.jpg170803-joe'slounge-03.jpg

ポーチドエッグがまろやかなコクを添える、ジューシーな「ローストビーフ丼」¥1,000。「自家製ポットパイ」¥900は、ココナッツチキンカレーや、クラムチャウダーなど定期的に中身が変わる。サクサクとパイを崩して召し上がれ。

170803-joe'slounge-04.jpg

今夏からラインナップに加わった、アメリカのクラフトビールメーカー・ブルックリンブルワリー社の「ブルックリンラガー」。爽やかなホップの香りやカラメル麦芽の余韻を楽しみたい。

JOE’S LOUNGE ジョーズ ラウンジ

住所:花巻市大通り1-4-14 小友ビル1F
tel:0198-29-5655
営業時間:12時〜23時 休)火
アクセス:JR東北本線花巻駅より徒歩約5分
www.facebook.com/joeslounge1

shop 世嬉の一

水の気をチャージできる、
こだわりのビールをお土産に。

170804-sekinoichi-01.jpg

左から、イギリスで19世紀末に醸造されていたビールを復活させた「三陸広田湾産牡蠣のスタウト」(330ml)¥518。牡蠣の身と殻を使って醸造した濃厚な黒ビールで、2008年にはビールの世界大会で銀賞を受賞! 一関産の山椒の実を使って醸造した「ジャパニーズスパイスエール山椒」(330ml)¥518は、スパイシーながら柑橘系の爽やかな香りが広がる。蔵元イチオシの日本酒は、「純米吟醸 吟ぎんが」(1.8l)¥3,400。岩手県の新酒鑑評会では5年連続金賞受賞。米、麹、酵母、すべて岩手で開発されたものを使用しているので、土地のパワーもたっぷり。すっきりとして飲みやすく、“冷や”や“ぬる燗”がおすすめ。

美しい水にこだわりたい開運旅のお土産に、岩手の良質な地下水を使用したクラフトビールはいかが? 日本酒の蔵元が酒造りの知識と経験を生かして造るビールは、国際大会でも受賞多数。牡蠣や山椒など、地元ならではの素材を使用した個性的なテイストを楽しんでみたい。また、世嬉の一酒蔵の敷地内には、「酒のイーハトーブ」をコンセプトに、レストランや酒の民族博物館など多彩な施設が。直売所では、人気の日本酒ももちろんチェックして。

170804-sekinoichi-02.jpg

敷地内には、東北一の大きさを誇る土蔵を改築した酒の醸造工程がわかる博物館(入館料¥300)も。入口にある、世嬉の一や一関と関わりのある文学者の原稿などを展示したミニ文学館も興味深い。

世嬉の一 セキノイチ

住所:岩手県一関市田村町5-42
tel:0191-21-1144
営業時間:10時〜17時※要問い合わせ 休)土、日
アクセス:JR東北本線一ノ関駅より徒歩約10分
sekinoichi.co.jp

 

2016-rinoieyuchiku-pink.jpg
お話を伺ったのは...
風水師・李家幽竹(りのいえゆうちく)

韓国・朝鮮王朝の王族、全州李氏19代目風水師。「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野でアドバイスを行い、その女性らしい独自のセンスで展開する風水論をもとに、開運のスペシャリストとして多くの女性たちが支持。毎年15冊以上のベストセラー書籍を出版するなど著書も多数。出版書籍は100冊を超える。http://yuchiku.com

collaboration : YOSHIFUMI AOKI, texte : HARUKO MURAKAMI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。