クリスマスはリゾートイルミネーションへ週末トリップ。

ニュース

おひとりさま鍋に温泉も! 冬の軽井沢へ

東京から新幹線で1時間弱。手軽に非日常を味わえるリゾート地のひとつが軽井沢。その軽井沢星野エリアでは、現在クリスマスイルミネーションが開催中。
夏のイメージが強い軽井沢、実は冬もとってもおすすめです。

午後の到着を目指して、いざ軽井沢へ。
まずは、村民食堂で遅めのランチ。冬にはマイナス10℃まで気温が下がるというこの土地。夕方からのイルミネーションに備えて、あつあつの「おひとりさま鍋」を。鶏の旨味がしっかりと加わった鍋のつゆに、小さな籠のお玉を投じて蕎麦を温めて食べる。食べ終える頃には体の芯からポカポカに。

_MGS3439-580.jpg

信州松本地方の郷土料理、投じ蕎麦¥1,700

食事のあとはハルニレテラスに散策へ。清流沿いのこちらでは、水辺や、各ショップのウインドウのイルミネーションに注目。夕方まで軽井沢ならではの野菜や、センスのいい北欧家具のショップでお買い物を楽しみたい。少し暗くなり始めたら、ぜひ外へ出てお散歩を。イルミネーションを堪能して。

_MGS3272-580.jpg 15店舗のショップすべてがイルミネーションで輝く、クリスマスストリート。

_MGS3296-580.jpg

ハルニレテラスには2つのツリーが。湯川沿いにあるこちらのツリーは、写真スポットにもおすすめ。

星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコートの隣、軽井沢高原教会の前に登場するのは、一面のランタンキャンドルによるイルミネーションの森。ひとつひとつ手作業で火を燈すキャンドルは、やわらかい灯りが心地よい。広場を歩くと見えてくるのは、教会へと続く光の十字路。教会では聖歌隊によるクリスマスの音楽礼拝を聞くことができる。

_MGS3308-580.jpgランタンキャンドルの森には高さ6mのツリーも。

_MGS3315-580.jpg

教会の森に浮かび上がる、幻想的な光の十字路。

そして、最後は10メートルを超える本物のもみの木がある広場へ。あちらこちらに焚火と、ランタンキャンドルが。広場の奥には、煌びやかに輝くクリスマスツリー。焚火を囲いながら鑑賞したり、もみの木の中に入れば、幻想的な空間を楽しめる。

_MGS3300-450300.jpg

大きなもみの木は毎週土・日、祝日の17時に点灯式を開催。

最後には、冷えた体を温める温泉へ。源泉かけ流しの星野温泉「トンボの湯」。こちらは、手ぶらでも温泉が楽しめるので、日帰りショートトリップにおすすめ。

_MGS3387-580.jpg_MGS3399-580.jpg

露天風呂と内風呂、サウナも完備。中性の湯は古くから「美肌の湯」として親しまれている。(写真は昼間の様子)

今年もあとわずか。美しいイルミネーションと温泉を堪能し、一年を締めくくりたい。

●クリスマスイルミネーション(~12月25日まで)
ハルニレテラス(水辺のイルミネーション):毎日17時~23時
軽井沢高原教会:毎日18時30分~21時
クリスマス音楽礼拝:毎週火・木曜日と12月23・24・25日19時30分~
もみの木広場:17時~23時

●村民食堂
営業時間:11時~23時(22時L.O)※冬季は21時L.O

●星野温泉 トンボの湯
受付時間:10時~23時(最終受付22時)
料金:大人¥1300/子供¥750(3歳~小学生)
※ゴールデンウィークと8月は特別料金
http://www.hoshino-area.jp/

photos:AZUSA HASEGAWA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。