心とからだを磨く、新時代の宿坊「和空下寺町」へ。

ニュース

promotion

「宿坊」体験をしたことがありますか? 「宿坊」とは神社やお寺の参拝者に向けた宿泊施設のこと。精進料理、坐禅や写経の修行など、興味はあるけど敷居が高そう、と思っている人も多いはず。そんな人に訪れてほしいのが、4月23日にオープンしたばかりの「和空下寺町」。さまざまな修行や日本文化が体験できる、旅館ともホテルとも異なるまったく新しいコンセプトの宿泊施設だ。場所は、大阪天王寺の、約80の寺院が密集する歴史深い下寺町に位置する。

外観はモダンな造りながら、一歩館内に足を踏み入れると、凛とした和の雰囲気が漂う。ここで、寺社や日本の文化に気軽に触れられる多彩なプログラム体験ができるのだ。チェックイン後、まずはスタッフの案内で周辺の散策へ。聖徳太子ゆかりの和宗総本山 四天王寺や、大坂夏の陣で真田幸村が戦死した安居神社など、歴史ドラマを身近に感じられて楽しい。

帰ってきて、ひと息ついたら、52畳の大広間で精進料理の夕食が待っている。つくることも食べることも修行の一環とされる精進料理。肉や魚を使わず、野菜や穀物が中心。簡素なイメージが強い精進料理だけど、「五色、五法、五味」を基本とした料理で、その豊かな彩りや味わいに驚かされる。命に感謝し、大切にいただけば、心が洗われ、隅々までエネルギーが行きわたるよう。

食事後のプログラムでは、写経や写仏から選んで体験。写経はお経を書き写す修行で、姿勢を正し、合唱・礼拝をしてスタート。墨を磨ることから始まる緊張感が心地よい。一筆一筆、心を込めて写していくうちに、だんだんと周りの雑音が遠のき、自分自身と向き合うような不思議な感覚に陥っていく。262文字の「般若心経」を書き写し、最後に願い事を書き入れて完成。心が洗われたような清々しい達成感!

翌朝、朝のお勤めで訪れた良縁成就、夫婦和合の本尊として有名な愛染堂・勝鬘院では、これを祈祷してもらうという特別な体験も。世界でひとつだけのオリジナルのお守りをいただけるなんて、うれしい限りだ。

非日常の凛としたひとときに身を浸し、心とからだを磨くことができる「和空 下寺町」。新しい発見や出会いを求めて、現代の宿坊へ出かけませんか?

170425_wasora_01.jpg外観は街に溶け込むようなモダンなつくり。中に入ると凛とした和の空間が広がる。

170428_wasora01.jpg

畳敷きに低層ベッドを配置した和洋室。こちらはシングルルームで、他にツインルーム、プレミアムルームを用意する。全26室。

170425_wasora_03.jpg写経は、墨をすることで日常から非日常の世界へ。一筆一筆ていねいに書き写す行為自体に功徳があるとされ、祈願成就としても行われる。

170425_wasora_04.jpgオリジナルの御朱印帳づくりは、数種揃う和紙から好きなデザインを選んで貼る。寺社参拝に欠かせないアイテムだ。

170425_wasora_05.jpg精進料理は低カロリーながら栄養満点。バラエティに富んだ調理法や味わいに大満足。食前後には感謝の心を込めて挨拶を。

170425_wasora_06.jpg593年に聖徳太子が建立したとされる四天王寺も徒歩圏内。広さ1万㎡の極楽浄土の庭は、歩くだけで癒される。

和空下寺町
大阪府大阪市天王寺区下寺町2-5-12
tel:06-6775-7020
料金:スタンダードプラン ¥22,000~/人(朝のお勤め、写経・写仏または坐禅、精進料理)、プレミアムプラン ¥25,000~/人(朝のお勤め、写経・写仏または坐禅、精進料理/プレミアムコース)、その他限定プランを近日公開 ※2名様ご利用の場合
チェックイン:15時 チェックアウト:10時
カード:AMEX、DINERS、JCB、MASTER、VISA
waqoo-shitadera.com

realisation:NATSUKO KONAGAYA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。