だから、アジア好き

ミャンマー

絶景のバガン遺跡は、味わいのある漆塗りのふるさと。

だから、アジア好き

ここ数年、発展著しいミャンマーで、いまも続く美しい伝統工芸が、漆塗り。日本の漆器とはちょっと趣が異なる、素朴で味わいあるテイストが魅力です。

ミャンマーの漆塗りのふるさとは、バガン。イラワジ川中流の広大な平野に広がるバガンには、パゴダ(仏塔)や寺院など、およそ3,000もの大小さまざまな仏教遺跡が立ち並んでいます。一生に一度は見ておきたい、荘厳で、美しい絶景!

01-tsubota-mandarinoriental-170110.jpg

この地方に、11世紀から13世紀に栄えたバガン王朝では、仏教が篤く信仰され、仏へ帰依するために、王や権力者のみならず、民衆もこぞって仏塔や寺院を建立したのだそう。仏教文化が栄えた時代に、仏具を作るために栄えたのが、漆塗り。いまも、バガン遺跡群の南にあるミィンカバー村には漆工房が多くあり、さまざまな工芸品が、地元の人々によって作られています。

02-tsubota-mandarinoriental-170110.jpg03-tsubota-mandarinoriental-170110.jpg

バガン塗りの素地は、竹。竹を薄く剥いでテープ状にしたものをきっちりと編み上げて、器など立体的なものも、竹素材から作成。何度か漆塗りを重ね、研ぎ、磨いた黒地の製品に、刀で絵やパターンを彫り、赤、緑、黄色などの色を入れていく手法が一般的。

製品の中には、漆器なのに弾力があって、ふにゃふにゃと曲がるものも! 竹と一緒に、馬の尻尾を一緒に編みこんだ高級素地の製品で、これは、バガン漆器ならではのユニークな魅力。
 

04-tsubota-mandarinoriental-170110.jpg05-tsubota-mandarinoriental-170110.jpg

 
歴史上の物語シーンや動植物などを、繊細に、隙間なく器全体に彫り入れていくバガン漆器。彫りのタッチになんとも言えない愛嬌と味わいがあって、手にするほどに、愛着が湧く器です。

最近は、色をのせない、黒だけのシンプルなものも多く、小物入れなどはお土産にも喜ばれそう。ヤンゴン最大の市場ボージョーアウンサンマーケットでも売られていますが、クオリティのよいものは、やはりバガンにある工房兼ショップで探してみて。

06-tsubota-mandarinoriental-170110.jpg

坪田三千代 Michiyo Tsubota
旅エディター・ライター

編集・広告プロダクション勤務を経て、フリーランス。女性誌や旅行誌を中心に、旅の記事の企画、取材や執筆を手がける。海外渡航歴は70カ国余り。得意分野は自然豊かなリゾート、伝統文化の色濃く残る街、スパ、温泉など。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。