だから、アジア好き

マレーシア

マラッカのチキンライスは、可愛いまんまるボール!

だから、アジア好き

日本にも専門店が出来てきて、ポピュラーになってきた「ハイナンチキンライス(海南鶏飯)」。茹でた鶏肉と、その茹でたスープで炊きあげたご飯が出てくるチキンライスは、東南アジアご飯の定番のひとつ。
もともと中国の海南島からシンガポールやタイへ移住した華僑が、故郷の味として伝えてきたハイナンチキンライス。シンガポールではホーカーセンター(屋台街)に名店があったり、タイでは「カオマンガイ」として親しまれていたり、と、アジアの数カ国で食されていますが、ちょっと面白いのが、マラッカのチキンライス。

01-asia-tsubota-170209.jpg

02b-asia-tsubota-170209.jpg

マラッカ海峡に面するマラッカは、クアラルンプール国際空港から車で1時間半。かつてはマラッカ王国で、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地だった歴史を持つ古都。ジョンカー・ストリートは、時代や国籍がミックスした、華やかな装飾を持つショップハウスが見ものです。通りは、かつては骨董品や家具の店が多かったのですが、近年はお土産物店やブティックが増えて、とても賑やかに。

03-asia-tsubota-170209.jpg

そんなヨンカー通り付近には、行列必至の有名なハイナンチキンライスのお店が幾つかあります。なかでも、入りやすくて、観光客に人気なのが「和記(HOO KEE)」店内は、ババ・ニョニャ風の立派な造り。ババ・ニョニャとは、マレー文化を生活に取り入れた、裕福な中国移民の人々のこと。

04-asia-tsubota-170209.jpg05-asia-tsubota-170209.jpg

他のマラッカのお店と同じように、「和記」のハイナンチキンライスは、ジューシーな鶏肉に、しゃりしゃりのキュウリが添えてあって、香ばしいニンニク風味の醤油ダレがかかっています。生姜たっぷりの特製チリソースにつけて食べると、香り高くてよいお味。別皿に乗っているチキンライスは、なんとゴルフボールより少し小さいくらいのまん丸! これが、もちもちとしていて、味わい深いのです!

06-asia-tsubota-170209.jpg

オーダーする際に、チキンを何人分、ご飯を何個、というように、お腹の具合に合わせて頼めるのがいいところ。チキンライスをボールのように丸めるのは、マラッカだけだとか。その理由は? 仕事中、忙しい時でも、つまんで食べやすかったから、という話もありますが、定かではないようです。
もちもちチキンライスボール、一度は食べてみて!

「和記(HOO KEE)」

468, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka, Malaysia
tel:60-6-283-4751

※2人前なら、ライスボール10粒付きで13マレーシアリンギット(約¥330)

坪田三千代 Michiyo Tsubota

旅エディター・ライター

編集・広告プロダクション勤務を経て、フリーランス。女性誌や旅行誌を中心に、旅の記事の企画、取材や執筆を手がける。海外渡航歴は70カ国余り。得意分野は自然豊かなリゾート、伝統文化の色濃く残る街、スパ、温泉など。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。