だから、アジア好き

タイ

最近タイごはんで気になる色は、鮮やかなブルー。

だから、アジア好き

 タイの高級ホテルのウェルカムドリンクや、おしゃれなカフェで、最近よく目にするのが、紫がかったブルーの飲み物。一見、着色料入りのジュースやお茶のように見えますが、実は、これナチュラル。タイ語でアンチャン、英語だとバタフライピーというマメ科の植物の花から抽出された天然色素です。タイでは、昔からお菓子などを染める色素として活用されていたとか。

 アントシアニンがたっぷりと含まれているので、抗酸化作用があり、アンチエイジングにもよいそうです。

160901_asia_01.jpg

このアンチャンを、料理にもうまく用いたレストランが増えています。ちょっと面白かったのが、チェンマイの郊外にある、お米をテーマにしたカフェレストラン「ミーナ」。人気メニューが5色のごはんで、好きな色を組み合わせて注文できます。この青いごはんに活用されているのが、アンチャン。ほのかに甘い、ライチーのデザートも、青くてきれい!

160901_asia_02.jpg

 ちなみに、このおにぎり、好きな色を選ぶことができます。黄色はサフラン、黒はライスベリー。
 シェフは、オーストラリア育ちのタイ人。緑と池に囲まれた、チェンマイらしいのんびりした雰囲気の中で、青いタイ料理を楽しんでみて!

160901_asia_03.jpg

 

Meena rice based cuisine
13/5 Moo 2 | San Klang Subdistrict, Chiang Mai
Tel. 66-87-177-0523
営)10:00~17:00 
休)水

 

坪田三千代 Michiyo Tsubota
旅エディター・ライター

編集・広告プロダクション勤務を経て、フリーランス。女性誌や旅行誌を中心に、旅の記事の企画、取材や執筆を手がける。海外渡航歴は70カ国余り。得意分野は自然豊かなリゾート、伝統文化の色濃く残る街、スパ、温泉など。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年4月号 No.490

      二面性のある女でいたい。おしゃれ好きなもので。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。