ホテルへBon Voyage

ザ・サイアム バンコク/タイランド

バンコクの個性派ホテルで、リゾート気分を満喫。

ホテルへBon Voyage

アジア屈指の観光国タイのバンコクに、2012年6月、大きな話題を呼んだ豪華ブティックホテル「ザ・サイアム(The Siam)」が誕生しました。以来、数々の煌びやかなストーリーが世界を駆け巡り、バンコクでは、他のホテルと一線を画したザ・サイアム流のバトラーサービスに、世界のホテル愛好家やセレブリティから熱い支持を受けています。

01-bonvoyage-16122.jpg

美しい夕暮れ時、チャオプラヤ川に造られたホテルのピア、到着も出発も、そしてアクティビティのサンセット・クルーズもここから。

観光客にとっては決して便利な場所とはいえないですが、王宮近くのロイヤル・ドゥシットエリアの一画にあることが功を奏し、チャオプラヤ川に面したホテルでは落ち着いた滞在が約束されています。伝統と革新の入り交じったホテル内は、アーバンリゾートとしての充分贅沢なスペースと、アールデコを感じさせるタイのアンティークに溢れることができ、まるで美術館に泊まっているような雰囲気を醸し出しています。

02-bonvoyage-16122.jpg

川に面して建つレストラン棟。60年前のジム・トンプソンの家をアユタヤから移築した貴重な建物。

客室数は39室、3エーカーの敷地に客室スィートとヴィラが用意されています。世界的な建築デザイナー、ビル・ベンズレーが、クリエイティブディレクターでオーナーファミリーの息子であるクリサダ・クラップ氏と共に手がけたホテルは、ビジネス界で名門一家と言われるオーナーのスコルソ・ファミリーの、文化的でアカデミックな思考をうまく表現しているといわれています。また、このプロジェクトのリーダーであり、一家の長であるカマラ・スコルソ氏(女性)は、2009年のフォーブス誌で「アジアの慈善活動のヒーロー」に選出され、現役のジャズシンガーとしても活躍。クリエイティブディレクターを務めた息子は、著名なロックスターにして映画俳優、家族で才能溢れる一家なのです。

03-bonvoyage-16122.jpg

川沿いにあるプールバーとプール。サンセットカクテルを楽しみながらゆったりと食事の前の時間を過ごすに最適。

他の施設は、自然派プロダクツ“ソダシ”を用いる「オピウム・スパ」、ムエタイ専用の本格的なリングが備わるスポーツジム、川沿いのレストラン、バーなどの他、ライブラリー、ギャラリー、アンティークショップも贅沢に造られています。豊富なアクティビティも人気ですが、バトラーの贅沢なサービスが滞在をより快適にしてくれています。1泊ではもったいない、ぜひ、3泊以上の滞在で、ひと味違うバンコクを探索するのも素敵です。

04-bonvoyage-16122.jpg

一番多いタイプの客室。奥がリビングエリア、さすがに個性的なラグジュアリー空間。

05-bonvoyage-16122.jpg

シックな色調の中国風ヴィラ、プライベートプール付。

06-bonvoyage-16122.jpg

プライベートなプランジプールと中庭を俯瞰で見た中国風ヴィラ。

07-bonvoyage-16122.jpg

スパ内に造られたバスハウスではハマムが楽しめる。

The Siam
3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit,
Bangkok 10300, Thailand
Tel: +66 2 206 6999  Fax: +66 2 206 6998
www.thesiamhotel.com
部屋数:39室(スィート28、ヴィラ10、コテージ1)
料金:THB17,971〜 (税・サ別、朝食込み)
施設:プール、アトリウム、レストラン、バー、ライブラリィ、スパ、バスハウス、ミーティングルーム、ピア〈チャオプラヤ川〉、他
アクセス:スワン名プー無国際空港から車で45分、
リムジンサービスはリクエスト〈有料〉、
日本での連絡先:info@kentosnetwork.com

※無断転載禁止

せきねきょうこ Kyoko Sekine
ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。 世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。 スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。 ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。
http://www.kyokosekine.com

photos: The Siam

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年2月号 No.488

      あらためまして、ニッポン 和っていいな。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。