ホテルへBon Voyage

ハードロック・ホテル・マカオ コタイ/マカオ

狂信的なファンが集う、マカオのコンセプト・ホテル。

ホテルへBon Voyage

エントランスに入った途端、館内にはロックン・ロールがBGMとして静かに流れています。まさにロックン・ロール殿堂の趣がある「ハードロック・ホテル」は、2009年6月、ここマカオにもオープンしました。

01-bonvoyage-170119.jpg

ハードロックのロゴマークが目立つ「ハードロック・ホテル」。

パブリックスペースには24時間、ロックミュージックが流れています。ただし昼間とは違い、ビートルズも、エルヴィス・プレスリーも、エルトン・ジョンも、夜間のBGMはさすがにバラード系に絞られ、ムーディーな曲ばかり。何しろホテルのコンセプトが「sleep like a Rock」®(ロックのように眠って!)なのですから。誤解の無いように言いますが、客室内は静かです……。

02-bonvoyage-170119.jpg

香港を中心にアジアで活躍する人気歌手、「歌神」といわれるジャッキー・チュンのコンセプト・スイート。

若かりし頃に聞いて涙を流したエキセントリックな曲も、ブルース・スプリングスティ-ンの懐かしい60年~80年代のアメリカン・ロックも流れ、この時代に若かった人なら、ロビーに一晩中陣取って聞き続けていたい!と思うに違いありません。私もそのひとりで、高校生の頃に夢中になった歌が聴けました。さらに、ディープ・パープル、ボン・ジョヴィ、キッス、U2など、世界の有名ロック歌手のステージ衣装や愛用のギター、マイケル・ジャクソンのステージ用ギターや手袋など、数知れない貴重品もロビーの硝子ケースや、各階のエレベーターホールにも飾られています。

03-bonvoyage-170119.jpg

ジャッキー・チュン・スイートのゴージャスなバスルーム。

ホテルスタッフは皆若く、コットン・シャツにコットン・パンツというカジュアルな服装です。とはいえ高級ホテルらしい家具調度品は特注品ばかり。驚きは、若者ゲストと年配客の数が拮抗していることでした。若い人の間にも、オールデイズのロックマニアが世界中に多くいることに驚きました。 

04-bonvoyage-170119.jpg

エンターテイメント賭しても楽しいバー。

客室内はとてもカラフルながら、落ち着きのあるデザインに統一されています。食事もスパも何だかロック風。スパの名称も「ロック・スパ」で、スパ内でのBGMも、もちろん静かなロックバラードが流れています。

05-bonvoyage-170119.jpg

豪華なトリートメントルームではオリジナルのトリートメントのメニューも。

06-bonvoyage-170119.jpg

トリートメントの前と後に利用可能なリラクゼーションエリア。

マカオらしいのは、ホテル自体が「City Of Dreams」という巨大なリゾート・コンプレックスのひとつであること。カジノの他、2軒の大型高級ホテルが含まれ、他にアパートメントホテル、巨大ショッピングモールが併設。エンターテイメント施設「Dancing Water Theater」では、他にはない水と舞踊の独創的なショーが楽しめます。

07-bonvoyage-170119.jpg

スタイリッシュなデザインに楽器の展示が斬新。

08-bonvoyage-170119.jpg

客室から俯瞰で見たスイミングプール。

Hard Rock Hotel Macau
Estrada do Istmo, Cotai, Macau
Tel: (+853) 8868 3338
www.hardrockhotelmacau.com
客室数:322室
料金:ネット料金参考室料/13000円~40000円、(要問い合わせ)
施設:レストラン、カフェ、バー、スポーツクラブ、
スパ、プール、ショップ、キッズクラブ、ビジネスセンター、ゲームコーナー、カジノ隣接 他、
日本での問い合わせ:直接現地かネット、又は旅行代理店

※無断転載禁止

せきねきょうこ Kyoko Sekine
ホテルジャーナリスト

スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。 世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。 スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。 ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。
http://www.kyokosekine.com

Photo: Hard Rock Hotel Macau

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。