【パリ旅】あの人が着た服も!? 話題のファッション展。

Paris

PARIS/Exhibition

Anatomie d’une collection - 2e partie
「コレクションの解剖学」展パート2

18世紀から現代までの約200ピースのドレスや小物が展示されるモード展が、ガリエラ美術館で開催中。マリー・アントワネットやジャクリーン・ケネディが纏ったドレスを、“誰が何を着たか”というテーマで展示。2016年夏に他界したソニア・リキエルにオマージュを捧げ、40年にわたる彼女の貴重なクリエイションも展示された。
中村水帆子(在パリジャーナリスト)

170216-paris-01.jpg

スーザン・ホームズがスーパーモデルの時代に着た、1984年のジャンポール・ゴルチエのドレスと帽子も。コレクションテーマは「バルベス」。

170216-paris-02.jpg

マルチカラーのボーダードレスを纏ったソニア・リキエル。

Anatomie d’une collection - 2e partie/「コレクションの解剖学」展パート2
Palais Galliera, Musée de la Mode de la Ville de Paris,
10, avenue Pierre ler de Serbie 75116 Paris
tel:33(0)1・56・52・86・00
営)10時~18時(火、水、金~日) 10時~21時(木)
休)月
料)一般9ユーロ 
2017年2月12日まで開催
www.palaisgalliera.paris.fr

*『フィガロジャポン』2017年2月号より抜粋

 

photos : GILLES TAPIE, ERIC EMO / GALLIERA / ROGER-VIOLLET

CITY

CITY

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年9月号 No.495

      いいモノ語り。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。