アレッサンドロ・ミケーレ初監修のグッチの香り。

ニュース

グッチのクリエイティブ・ディレクター就任後、モード界に旋風を巻き起こし続けているアレッサンドロ・ミケーレ。そんな彼が初めて全監修したフレグランス「グッチ ブルーム オードパルファム」が誕生した。

170808_gucci_01.jpg

「白い花々が芳醇に香るフラワーブーケのように、さまざまな花や植物が咲き誇る広いガーデンへ誘うような力強さのあるフレグランスにしたいと考えました。女性のように美しく、カラフルで、自然のままに様々な植物が咲いているガーデン。『グッチ ブルーム オードパルファム』は、そのようなガーデンが目の前に広がっているかのように、貴女を誘う香りです」と語るミケーレ。ジャスミン、チュベローズ、そして南インド原産の蔓性植物ラングーンクリーパーを丁寧にブレンドした、リッチ ホワイト フローラルの香りは、多様な魅力を備えた女性たちを称える香りに仕上がっている。

マスター・パフューマーのアルベルト・モリヤスは、アレッサンドロ・ミケーレのビジョンを体現し、満開の花をイメージさせる香りを創り出した。天然のインド産チュベローズ アブソリュートとジャスミン アブソリュートを組み合わせた業界初のユニークな製法を取り入れたほか、ラングーンクリーパーを採用するのも業界初。開花するにつれて白からピンク、そしてレッドへ色が変化し、ほんのりとパウダリーで女性らしいフローラルノートの香りを放つラングーンクリーパーは、「グッチ ブルーム オードパルファム」のコンセプトやその名を体現する花でもある。

香りだけでなく、ミケーレがデザインしたパウダーピンクのボトルとハーバリウムプリントがあしらわれたパッケージにも、フレグランスのスピリットが表現されている。「ボトルは、男性を意識した女性らしさではなく、この香りをまとう女性自身に寄り添うようなデザインに仕上げています。レトロな雰囲気を備えた優しいカラーやクリーンでスレンダーなライン、そして透明なガラスではなく、私の大好きな素材である陶磁器を彷彿させるラッカー仕上げのボトルにしました」と語る彼。こだわりと信念に満ちたクリエーションを、ぜひあなたの肌で香らせ、体感して。

グッチ ブルーム オードパルファム
50㎖ ¥11,664、100㎖ ¥15,660
グッチ ブルーム シャワージェル
200㎖ ¥5,832
グッチ ブルーム ボディローション
200㎖ ¥6,588
(以上8/9発売)

●問い合わせ先:
ブルーベル・ジャパン株式会社 香水・化粧品事業本部
0120-005-130(フリーダイヤル)
http://cafedesparfums.co.jp

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。