食べても無害! サステイナブルなリップで未来を救え。

ニュース

パリジェンヌの赤リップが世界を変える!

リップスティックの新ブランド“La BoucheRouge”は、直訳するとフランス語で「赤い唇」。実はもうひとつ、「発言力のある人」という意味がある。創設者のニコラス・ジェルリエは、この名前に強い想いを込めた。

「いま自然環境は危機的な状況なんだ。このサステイナブルなリップスティックを、世界を変える一歩にしたい」。

マイクロプラスチックや防腐剤を一切使わない、食べても無害なリップスティックを世界で初めて開発、「でもクリーンなだけでは意識は変わらない。美しくなければ」と、エルメスの革工場の余剰レザーを使い、フランスの職人技を駆使したリップケースを製作。リフィルを付け替えれば半永久的に使えて、次の世代にも受け継ぐことができるという仕組みだ。そんな彼の故郷は、ブルターニュの海。

「家族とビーチで過ごすのが日常だった。でもいまではかなり汚染が進んでいる。ラブーシュ ルージュを纏った赤い唇で、各々が発言・発信して未来のためのアクションを起こしてほしい」

nicolaas-gerlier-01-quoui-de-neuf-191224.jpg

ニコラス・ジェルリエ
Nicolas Gerlier

「ラ ブーシュ ルージュ」創設者

 

フランス、ブルターニュ生まれ。ロンドンのサザビーズで働いた後、ロレアルで10年のキャリアを積む。約4年間の開発期間を経て2017年にラ ブーシュ ルージュを設立。3人の子どもを持つ父。自身の服にもプラスチックボタンを使わない徹底ぶり。

---fadeinpager---

nicolaas-gerlier-02-quoui-de-neuf-191224.jpg

製造過程でもプラスチックを一切使用しない。ケースにはイニシャルを刻印できる。1.シックなマットベージュ。ラ ブーシュ ルージュ カラーリフィル 07 2.鮮やかなレッド。同 01 3.いちばん人気のなじむ赤。同 06 各¥5,060、ケース各¥14,850/以上エドストローム オフィス

●問い合わせ先:
エドストローム オフィス
tel:03-6427-5901

【関連記事】
パリ発! 運命の赤を見出せる、香るリップにご注目。
アレッサンドロ・ミケーレ、ビューティへの視点 #03
リップで幕開け、メイクアップの世界に革命を。
遊び心が炸裂、トム フォード ビューティの限定リップ!

※『フィガロジャポン』2020年2月号より抜粋

photos : JOHN CHAN(OBJETS), AKEMI KUROSAKA(PORTRAIT), stylisme:MAYU YAUCHI, texte:MAKI SHIBATA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。