Editor's Blog

最近美しかったもの。

日々何気なく見つけたものが美しかったりします。それはお花だったりスイーツだったりうつわだったり、道端に生えている木だったり、はたまた人だったりとさまざまなのですが、そんなものを見つけると、なんだかとても幸せな気持ちになる編集MIです。今日は、最近見つけた美しいものたちをちょっとご紹介してみます。

1:銀座トリコロールの「エクレア」

180612-1.jpg

以前からお気に入りの喫茶店、銀座トリコロール。ここは建物や喫茶内の雰囲気が落ち着いて、時間がゆっくり流れています。こちらの名物デザート「エクレア」は、小ぶりサイズで見た目も可愛い2個セット。注文してからクリームを詰めて仕上げてくれるのもうれしいです。飾りに載せた波型のチョコレートが美の仕上げ。優雅にナイフとフォークでいただきます。

2:鴫立亭葉山邸の「コーヒーとケーキ」

180612-2.jpg

1979年創業、大磯の洋菓子店。今回は85年オープンの葉山店のほうへ出かけてきました。レトロな風情を醸す店内でコーヒーとケーキを。お皿との合わせが美しく。近所に住むご夫婦やご家族などがふらっと訪れてティータイムを過ごす姿も素敵。

3:山野アンダーソン陽子の「ガラス作品」

180612-3.jpg

先日、清澄白河のババグーリにて、郡司庸久さん・慶子さん夫妻と3人展を開催していた、ガラス作家の山野アンダーソン陽子さんの作品。フォルムが可愛い!のですが、繊細でもあり力強くもあるのです。ちなみにこの花器は大きく、直径20センチ以上はあります。ご本人もとてもチャーミングな方で、お人柄と合わせて大ファンです。

4:ラトビアの作家LAIMAの「うつわ」

180612-4.jpg

先日八雲のTSUBAKIにて展示が開催されていた、ラトビアの作家LAIMAのうつわ。写真の作品は、オレンジがかったイエローに藤色っぽいブルーの雫が。ほかにも、どこまでも透明な水色にまるで雪の結晶のような柄に施された釉薬が美しい作品に、心底心奪われました。

5:『Sゝゝ[エス] 茶道具展 ―茶の流儀 茶方會―』で見つけた「常滑焼の急須」

180612-5.jpg

地元の常滑焼には、条件反射的に見入ってしまうのですが、こちらはデザインはもちろん、そのたたずまいに引き込まれた急須です。展示は7月11日まで六本木のリビング・モチーフで開催中です。

6:菅木志雄さんの作品

180612-6.jpg

もの派の代表的メンバーである美術家・菅木志雄さんがとても好きです。現在都内3ケ所で展覧会が開催中ですが、写真は六本木のTOMIO KOYAMA GALLERYでの展示。ほかに、渋谷ヒカリエ内8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、銀座シックス内THE CLUBにて個展開催中です。それぞれに構成が異なるのでハシゴして鑑賞するのが至福です。

7:ひなぎく

180612-7new.jpg

帰宅途中にふらっと花屋さんに立ち寄って、その日の気分でお花を選びます。先日は素朴なひなぎくに惹かれて。1日の終わりと1日の始まりを心地よく迎えさせてくれる存在です。

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。