Blog

  • HOME
  • BLOG
  • オトコが好きなファッション!? ライターの本音トーク
オトコが好きなファッション!? ライターの本音トーク

どうやって作った !? 驚異的に小さいスイーツオブジェの展覧会が、今週末までっ。

あのー、ブログ更新のペース配分を完全に間違えてましてね。
2日連続のUPになっちゃったんですが。
とゆーのもですね、
ご紹介したい展覧会が、今週末の5月27日(日)で終わってしまう!
こっちを早くお話ししとかなきゃダメだったんじゃん!
っていう。

今回のお題は、
「超絶技巧」ですよ、ちょうぜつぎこう。

空前絶後、奇々怪々、魑魅魍魎……、
交通安全、地盤沈下、男子女子、天気予報、学級閉鎖ですよ。

ええ、そーですよ、この夜中の3時にふざけてるヒマなんかないんですよ。
漢字を見てるだけで頭がクラクラしてくるんですよ、そもそも私は。
本題に入らせていただきますよ。
 

まずは写真をひとつ。

_5210122.jpg

おいしそうな一口タルト。
つくりもののオブジェです。
もう十分にかわいいですが、どーかしてるのは、その大きさ。

展覧会の様子は……、

_5210062.jpg

小さなケースがずらっと並んでます。
ズームしてみましょう。

_5210084.jpg

さらにズーム。

_5210086.jpg

さらにさらにズーム。

_5210092.jpg

文字が、文字がっ。
パンのそれぞれの質感までが、すごっ!!

「この展覧会は見とかなきゃなー」、とは思ってたんですが、なるほど、評判通りの職人技です。
まだ大きさが実感できませんよね。
では、比較見本を。

_5210115.jpg

私のメガネに載せたのが作品。
ちょっと分かりにくい?
ではこいつで。

_5210117-3.jpg

iPhone6を横に置いた図。
この小ささ。
あり得ない大きさ。
_5210117.jpg

おせち料理。
どうやってつくったのか、意味不明なクオリティ。
このサイズ感を頭に入れつつ、ほかのも眺めてみてください〜。

_5210140-2.jpg
ハンバーグ定食。
ひじきとかトマトとか、ヤバすぎです。
器も味わい深し。
_5210111-2.jpg

コンビニ飯。
料理だけでなく、パッケージの再現性も、まさしく超絶技巧。

_5210134-2.jpg

スイーツ好き必見。
左下のオランジェット(オレンジのチョコがけ)が、まー、ウマそうでウマそうで……。

さあ!皆さんも行きたくなりましたよね!
場所は、東京・有楽町線の銀座一丁目駅を地上に上がってすぐ!
(詳しくは、このページの最後に)

 

………………さて。

 

えー、そんな、「きゃ〜素敵♡」で終わってさよならするのが、女性誌の記事のセオリー。
でもしかし、
感じたことは口に出さないと気がすまないのが、このブログのポリシー。
(ほらほら、韻踏んでる!ラップみたい、ラップ)

え〜〜〜〜〜、いやいや、なんにも文句言うところはないんですよ。
ひたすら「スゴい」の連続なんですよ。
ただ、なぜか作品をひとつひとつ見てて、「スゴい、に加えて何かがあれば……」とも思っちゃったんですよね。
たぶん、世の中にあるものを忠実にミニチュア化した、究極の職人技の表現だからだと思います。
これらの作品の先に、見たことのない空想の世界があれば、アートとして予想を超えた感動が押し寄せたかも、と。
物理法則を無視してねじ曲がり空高く舞い上がるソフトクリームとか、天井も壁も売り場になった重力のない店とか。
(イメージ貧困ですみません……)
これほどスゴいのだから、誰もが超満足なんだろなー、でもこの作者さん、もっともっとスゴい人な気がすんだよなー。
ジオラマや箱庭から離れた作品も、拝見できたら嬉しいのです。

……あ〜〜〜、もう外が明るくなってきましたよ。
スズメがチュンチュン鳴いてますよ。
朝方の5時ですよ、ええ。
インテリみたいに偉ぶったことも口走っちゃう時間帯ですよ。
ってことでお許しを願いたく、そして、
会期終了まであと6日という、
ライターのクセに情報遅くてごめんなさい!!

作者の田中 智さんにはこんな著作も。
  ⬇

スクリーンショット 2018-05-21 23.19.11.jpg

 

田中智 ミニチュアワールド「Face to Face もっとそばに」
2018年4月27(金)〜5月27日(日)
※会期中無休、入場無料

開館時間:11時〜20時(入場は19時30分まで)
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

photos © Kazushi Takahashi

※この記事を紹介する目的以外での、SNS、まとめサイト、ブログなどへの画像転載はご遠慮をお願いいたします。

ファッションライター高橋一史 過去ログ一覧ページ

高橋 一史

明治大学&文化服装学院卒業。編集者がスタイリングも手がける文化出版局に入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。担当ジャンルは、ファッション&音楽。退社後はフリーランスとして、原稿書き・雑誌編集・コピーライティング・広告ディレクション・スタイリングなどを行う。
kazushi.kazushi.info@gmail.com

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。