Blog

  • HOME
  • BLOG
  • おいしい料理求めて、まりモグがゆく。
おいしい料理求めて、まりモグがゆく。

香港のトップシェフが来日!
ザ・ペニンシュラ東京で味わう夢のコース。

本日、またまた日比谷界隈に降り立ちました。今年イチの急ぎ足で向かった先は、ザ・ペニンシュラ東京。
東京の中国料理店で3本の指に入ると信じて疑わないヘイフンテラスにて、あの!スプリングムーンとのコラボ料理がいただけるということで興奮を抑えられませんでした。
スプリングムーンといえば、昨年の「24時間、香港中毒。」でも愛される老舗として紹介した、ザ・ペニンシュラ香港の看板店。点心からシンプルな焼きそばまで、すべてが完璧なおいしさで……個人的にも溺愛しているナンバーワンレストランなのです。

今年12月に迎えるザ・ペニンシュラ香港の開業90周年を記念し、スプリングムーンからエグゼブティブシェフ、ゴードン・リャンが来日。限定のコラボメニューを本日4/13(金)から4/15(日)の間、提供するという夢のような企画なのです。

1_2.jpg2_2.jpg

最初の小籠包からノックアウト!熱いのでゆっくりかじると、お約束のスープがあふれ出します。赤エビと豚肉が入っているのですが、エビの旨味と塩味がくっきり。
豪華3品プレートは、アワビパイのおいしさもさることながら、プルプルの皮×繊細なカニの味が楽しめる蒸し餃子に感動。和食にも通じる淡い味です。

3.jpg

ここで登場した水出しジャスミン茶にもまた感動。柔らかく漂うジャスミンの香り、口にすると広がる清らかな味、ほんのり残る苦味……。中国茶は値段も質もピンからキリまでさまざまですが、本当にクオリティの高い味がします。料理とのマッチングも完璧です。
この後にも、杭州の龍井茶、15年熟成の普洱茶を料理に合わせていただきましたが、さすがのおいしさ。ペニンシュラには、東京&香港、両店にティーマスターがいるのですが、完璧な手順と温度でお茶のポテンシャルを余すことなく引き出してくれます。

4_2.jpg5_2.jpg

続いて、キヌガサダケと魚の浮袋入り蒸しスープ餃子の登場。まずスープにやられます。中国料理の基本のキ、上湯がいかにおいしいか、ひと口のむとわかります。思わず開眼! 乾燥したものを戻した魚の浮袋も、餃子を破ると現れるキヌガサダケも、食感が素晴らしいです。フレンチのような華やかさはないのですが、ひと口いただくごとに「やっぱり中国料理って好きだなぁ」としみじみ感じられる逸品でした。
「ホタテ貝とエビのすり身包み ブラックビーンズソースの炒め」の後、締めで登場したのが「牛バラ肉と牛スジの煮込み入り稲庭うどん」。八角の香りとともに卓上にやってきました。またまた奥深い味のするスープを飲みつつ、稲庭うどんをつるっといただきます。香港では、ちょっとした食堂でも米の麺や卵麺、エビの卵入り麺などバリエーション豊富な麺が楽しめますが、うどんは初。最近「ウドン」で通じるほど定着しているそう。ご存知のとおりクセもなく、食べなれた味なのでなんの違和感もなくスルスル入っていきます。牛バラのホロリとした柔らかさにも癒されました。

6.jpg7.jpg

最後にビワをゼリー、プリンと形状を変えて重ねた「三層のビワゼリー」と2種のミニデザートをいただき、夢心地ランチを終えました。

今回のコラボしかり、新しい食材を取り入れたりと常に食界のトップを走るスプリングムーン&ヘイフンテラス。それでも中国料理の骨子は決して崩すことはなく、伝統的な調理法を大切にしているそうです。コースで味わうと、それがより一層わかります。
とにもかくにも、この豪華コラボは3日間のランチ&ディナー限定。早めのチェックがおすすめです!

今日の明瞭会計
→6品コースランチは¥9,699。夜は¥18,339。(料理のみ。別途サービス料15%)
ディナーには中国茶のペアリングが付き、1人¥5,400でワインペアリングを付けることも可能。

※キッチン内にある個室、シェフズテーブルで楽しめる「シェフズテーブル8品コースメニュー」¥37,800も用意。
(おかわり自由のクリュッグ グラン キュヴェ付き。 ランチ&ディナー各1組限定) 

ヘイフンテラス@有楽町
東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京2F
tel:03-6270-2738
営)11時30分~14時30分L.O.、18時~22時L.O.(月~金) 11時~15時L.O.、18時~22時L.O.(土、日、祝)
無休 
www.peninsula.com/heifungterrace/jp

 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。