Blog

  • HOME
  • BLOG
  • おいしい料理求めて、まりモグがゆく。
おいしい料理求めて、まりモグがゆく。

深夜の駆け込みもOK! 銀座のオトナ焼き肉。

肉は食べたいと思った日、思った瞬間が吉日。もちろん、おいしいのは大前提です。銀座の中心部に、なんと平日深夜3時まで営業している焼き肉店があると聞き駆け付けました。
 1.png

店内は、この6名用テーブルと、窓に向いたカップルシートをのぞいてすべて半個室。落ち着いた、銀座らしい雰囲気が漂います。

 2.png

“肉始め”のための最初のひと品。ナムルと野菜のピクルスで準備運動ばっちり! 一緒に供された細切れ牛肉の味付けが甘い醤油味で、これだけでもビールが進みます。プラス、じんわりと濃い旨味が広がる「牛テールコンソメスープ」でお口の中と胃の中を温め……チョレギサラダをテーブル脇に待機させて本命を待ちます。

3.png 4.png

まずはやっぱりタン! ぱっと見、普通のタンに見えますが実はこれ、ネギタンなのです。肉の間に切れ目を入れてポケットを作り、その中にネギが。裏返してもこぼれる心配がありません。ネギを中央に置き、ふたつ折りにして蒸すように焼くことはありますが(自己流)、失敗することもたびたび。さっくりと歯切れのよい肉とポケット内で蒸し焼きにされたしっとり系ネギとの一体感に大満足。

名物の和牛“焼すき”も注文。卵の黄身と小さな酢飯が付いてきますが、これがミソ!甘いタレに漬け込まれた牛肉を、さっと炙るようにして焼き上げ、黄身に絡めて酢飯にオン。……間違いないおいしさです。甘いタレと甘い脂が口の中でとろけ、酢飯が口の中をさっぱりリセットしてくれます。

もちろん、ほかにもいろいろとトライ。味噌で和えたレバーや、ヒレ、シャトーブリアン、サブトンの3種がのった「極上盛り」。豪華3兄弟を、1枚ずつ食べ比べできるのが◎。個人的には脂身がありつつも、シルキーでキメ細かな肉質も楽しめたシャトーブリアンがヒット。牛肉は仙台牛を主に使っているそうで、どれも脂身と赤身のバランスがたまりません。

5.png

締めは、「辛温麺」「辛冷麺」「牛テールクッパ」など魅力的なラインナップの中、苦渋の決断で「冷麺」をセレクト。こちらは1人前を3等分したものですが、小さいサイズも注文可。トマトの酸味も利いていて、締めには最適でした。

大満足ディナーを終え、ふと気づいたことがひとつ。匂いが全然気にならない! 場所柄、観劇前後に訪れることもありそうなので、着たい服を気にせず着れるのは大きな魅力です。
銀座という街にふさわしく、雰囲気もお味も、すべてが完璧な大人仕様でした。

和牛の匠 銀座 小六@銀座
東京都中央区銀座7-6-10 アソルティ銀座花椿通りビル8F
tel:03-5962-8569
営)11時30分~14時L.O.、17時~翌3時L.O.(月~金) 11時30分~21時L.O.(土、日、祝)
無休
https://ginzakoroku.jp

 

 

 

 

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。