Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

Yummy! 台湾ローカルフード3日目。

みなさん、こんにちは!
今日は台湾3日目、午後便出発までの食べ歩き、
シェアするね。

朝早起きしてまず向かったのが雙連市場。
市場前の大通り民生西路を挟んで、
反対側の住宅街にある何家油飯へ。

20181201-11.jpg

ここで愛あふれる癒やしのお粥を食べたくてね。

朝早くからご近所さんが次々にテイクアウト。

20181201-10.jpg

何さんご夫婦がテキパキと役割分担してて、その様子も微笑ましい。

DSC01316.jpg

チェック柄のクロスにも心踊るよね。

IMG_0167-2.jpg

お粥、金針湯、豚肉湯、目玉焼き、青菜炒め。
金針はシャキシャキで塩味のあっさりスープに胡椒がきいてる!

101.jpg
青菜も美味、お粥にはサツマイモ入り。
朝から胃にやさしい朝ごはん。
科学調味料を一切使わずとても素朴なやさしい味。
料理の値段も20年前から変えてないそう!

DSC01317.jpg

二人分、全部で500円ちょっとだったかな。ごちそうさま。
何家油飯★★★★
住所:台北市中山區民生西路66巷21號
時間:7-14時 土日祝日定休

せっかくなので市場をぶらり。
フレッシュジュースも美味しそう!
しぼりたては贅沢だよね。

20181201-9.jpg

この市場でGETきる友人もおすすめの塩水意麺をお土産に。
つるつるの食感で美味しい!
写真撮り忘れちゃったので上のリンク見てね。

DSC01322.jpg

あぁ!美味しそうな屋台発見!
焼き上がりに次々とお客さん。
せっかくなので水煎包おひとつください~!
鉄板で蒸し焼きにした点心で、
水で煎る(蒸し焼き)ことからこの名がついたそう。

DSC01319.jpg

中には蒸した白菜、やや甘めの味付けたまんない。
これはいくつでもいける!しかも13元?50円ぐらい。

市場を離れる前に、機内用にサンドイッチ屋さん可米元氣漢堡へ。
サンドイッチ一筋40年の朝ごはん屋さん。
こちらも朝から並んでる!
カウンターには出来上がったサンドイッチがズラリ。
オーナーさんは気さくで目が合うとにっこりピースサイン(笑)
これがすごく美味しかったの!
ハム、レタス、卵、ミート、サンド。もう1つ買えばよかった!

可米元氣漢堡★★★★★
住所:台北市中山區中山北路二段62巷38號
時間:5時半-13時 日曜定休

IMG_0045-2.jpg

時間が迫ってきたのでなくなく市場を退散。
帰りに屋台で饅頭をゲット!大きめ5つで100元 380円ぐらいだったかな。

無事に空港でチェックインしてフードコートエリアで休憩。
ここでまた美味しいものに!1980年創業のパン屋さん。

IMG_0043-2.jpg

珈琲とできたてのエッグタルト。
このエッグタルトが甘さ控えめで、タルトとのバランスも絶妙だった!
2人とも追加オーダー(笑)1つ約120円。おまけに6つテイクアウトしたよ。

台北市内にもあるベーカリーらしく、あまりの美味しさに感動したよ。
空港で買えるし、好きな方、ぜひ!

一之軒 ★★★★★(市内にもあり)
場所:台湾桃園国際空港第一ターミナルB1

今回はイベント出展がメインだったけど
ローカルフードたっぷりいただきました。
安くてほーーーんと美味しい。ラストはイベント会場のグリーンシャワーを!

IMG_0198-2.jpg

みなさん、いつも読んでくれてありがとう。

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、 言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。 現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々の CMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。