多彩な音色が響く最新型エレクトロニックミュージック。

特集

注目クリエイターが、音空間を華麗に演出!

『マジック・スプーキー・イアーズ』/キー・コンジョグ

1812xx-musique-03.jpg

schole ¥2,376

気鋭のイタリア人プロデューサーによる最新型エレクトロニックミュージック。ダンサブルなビートを主体にしながらも、アンビエントのような繊細なシンセサイザーの音色を効果的に使用。そのいっぽうで、ピアノやアコースティックギターといった楽器の使い方も絶妙だ。ボーカルナンバーもいくつかあるが、どこか退廃的な匂いを感じさせてくれるのも特徴。ひとつのジャンルでくくりきれない多角的なサウンドが楽しめる一枚だ。

【関連記事】
フランスのトップスター、ザーズ3年ぶりの新作。『エフェ・ミロワール』
ボウイの遺作の要を担ったサックス奏者のアルバム。『ブロウ』

*「フィガロジャポン」2019年1月号より抜粋

réalisation : HITOSHI KURIMOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。