ハリー王子&メーガン・マークル、女王のお茶会に出席。

ニュース

英王室のハリー王子と米女優のメーガン・マークルが、バッキンガム宮殿でエリザベス女王と午後のお茶を楽しんでいたことから、ふたりの婚約が間近だという見方に拍車がかかっている。

171020HarryMeghan.jpg
ハリー王子とメーガンが婚約するという噂は数ヶ月前から広まっている。ふたりが12日にエリザベス女王とプライベートで面会したと英『Daily Mail』紙が伝えたことで、憶測にさらなる拍車がかかった。
同紙によると、ハリー王子とメーガンはスモークガラスの車で午後5時頃に宮殿に到着。女王のプライベートリビングで1時間を一緒に過ごしたという。
「ティータイムの面会は、意図的にくだけたものだったと聞いた」と同紙のリチャード・ケイ記者は伝えている。
「メーガンが感じていたかもしれない不安を落ち着かせることも目的のひとつだったが、宮殿内でもあまり周知されていなかった」

ハリー王子は夏の間、祖母でもあるエリザベス女王に、真剣な交際に発展しつつあるメーガンと会ってほしいと繰り返し頼んでいたという。彼女は先日、ハリー王子との婚約の準備に専念するため米ドラマ『SUITS/スーツ』で演じる弁護士レイチェル・ゼイン役を降板したとも報じられている。

メーガンとハリー王子は1年半前に交際をスタート。ケンジントン宮殿がその数ヶ月後に交際を認める声明を出すという異例の対応をみせた。
 

©︎Cover Media/amanaimages

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。