セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーに再接近⁉︎

ニュース

セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーが29日、カリフォルニア州で一緒に朝食をとる姿をキャッチされた。

171031SelenaGomez.jpg
かつて交際していたふたりは、ウエストレイクビレッジにあるジョイ・カフェを訪れた。ここ最近でセレーナとジャスティンが一緒にいる姿を目撃されたのは今回で3度目。最初は今月に入ってからのことで、つい先日もジャスティンがロサンゼルスにあるセレーナの自宅で目撃されたと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。

ある事情通は米エンターテイメント情報番組「E! News」に対し、ふたりは別れたあとも友人としての関係を続け、セレーナが今年に入ってから腎臓の移植手術を受けたあとは何度か「遊びに出かけている」と証言している。
「ただの友だちで、ふたりの間に恋愛感情は全くない」
「お互いに色々あったから、これからも心のどこかで相手を思う気持ちを持ち続けるのだろう」

セレーナとジャスティンは2011年に交際をスタート。別れてはよりを戻しの関係が再三続き、2014年に破局した。
セレーナ自身、2015年にジャスティンとの破局について口を開き、これからもずっと大切な人であり続けると宣言している。
「彼をずっと支え、愛するつもりよ」と、セレーナは当時『Elle』誌に語っている。
「私たちは一緒に成長してきた。普通ならそう望まないと思う。私たちはまだ若すぎるし、結婚もしていないわ。彼を尊敬している。彼も私のことを健全な意味で、尊敬してくれているはず」

セレーナはその後、R&B歌手のザ・ウィークエンドと付き合っていたが、こちらもいましがた破局が伝えられたばかり。
セレーナとザ・ウィークエンドは年頭にデートする様子をキャッチされたが、お互いに多忙なことが理由で別々の道を選んだと米『People』誌は伝えている。
「彼女とエイベル(ザ・ウィークエンドの本名)の関係は数ヶ月前から行き詰まっていた」と、また別の事情通は語っている。
「彼はツアー中だし、彼女はニューヨークで(ウディ・アレン監督の映画の)撮影をしていただけに、なかなか時間が作れなかった。お互いに大変だったよ」
「(彼女は彼のコンサートに)行こうとスケジュールをやりくりしていたけれど、それがふたりを遠ざける原因のひとつでもあった」
「いまはもう終わったことだけど、まだふたりは連絡を取り合っている。こんな展開になってしまったことに辛い思いをしているけど、それは数ヶ月前から続いていたんだ」


©︎Cover Media/amanaimages

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。