齊藤工監督「TATAMI」ワールドプレミア報告が到着!

ニュース

「フィガロジャポン」で「活動寫眞館」を連載している齊藤工の監督8作目、HBOアジア オムニバスドラマ「Folklore」の「TATAMI」が10月13日(土)、スペインで開催された「シッチェス・カタロニア国際映画祭2018」にてワールドプレミア上映。齊藤も上映に合わせて会場を訪れた。

181016_tatami_01.jpg

「シッチェス・カタロニア国際映画祭2018」のステージに登壇する齊藤工(中央)。左は「TATAMI」や長編映画『blank13』、最近発表されたフェラガモのブランデッドムービーなど、多くの齊藤監督作品の編集を手がける映像ディレクター、小川弾。齊藤の幼なじみでもあるという。

181016_tatami_04.jpg

映画祭のメイン会場のひとつである「Cine Prado」。 photo : TAKUMI SAITOH

3年前は俳優として来ましたが、その時にイーライ・ロスやギャスパー・ノエとフランクに話をする機会がありとても刺激を受けました。“映画人”としてここに戻ってきたいと心に決めた瞬間でした。


そう齊藤が語るように、2015年には主演映画『虎影』が上映され、西村喜廣監督と参加。その3年後、今度は自身の監督作とともにこの地に戻ってきた。

「Folklore」は、アメリカケーブルテレビ放送局HBO系列のHBOアジアが制作する6つのホラーストーリー集。シンガポールのエリック・クーをはじめ、アジア6カ国から名だたる映画監督が参加するこの企画に、齊藤は日本代表として抜擢された。

180925_tatami_04.jpg

「TATAMI」の主演を務めるのは北村一輝。北村演じる岸の家族の秘められた事実とは。

「Folklore」 予告編。

参加各国に古くから伝わる怪談話を現代風にアレンジするという「Folklore」で、齊藤が発案したのは“畳のシミ”にまつわる物語。殺人事件を追うジャーナリストの岸真(北村一輝)は、父親の葬儀に参列するために実家に帰省すると、過去の記憶のフラッシュバックに襲われる。そして実家にある「秘密の扉」から続く部屋で、家族に隠された驚愕の事実が明らかにされていく……。

シッチェス・カタロニア国際映画祭は、ファンタジー映画やSF映画・ホラー映画・アニメーション映画などに特化した、ベルギー・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルトガル・ポルト国際映画祭と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ。1968年より毎年10月に開催され、第51回となる今年は、塚本晋也監督『斬、』(18年)や上田慎一郎監督『カメラを止めるな!』(17年)、白石和彌監督『孤狼の血』(18年)など、注目の日本映画30作品以上がノミネート上映された。

181016_tatami_02.jpg

181016_tatami_07.jpg

シッチェスはバルセロナから1時間以内で行けるリゾート地。 photo : TAKUMI SAITOH

181016_tatami_03.jpg

地中海を望む壮大な光景。

シッチェスは、スペイン北東部のカタルーニャ州バルセロナに属する街。公用語はカタルーニャ語とスペイン語で、年間を通して晴天の日が続くリゾート地だ。街に点在する映画館などの施設や、地中海に面したビーチも映画祭の会場となる。

なぜセレブリティの避暑地で、ファンタスティック映画祭が半世紀も前に始まったのかを地元の方に伺ったら「この地は“受け入れる”地域なんだよ」とおっしゃった。そんな寛大なシッチェスを愛する映画人が今年も集まり、ティルダ・スウィントン、ニコラス・ケイジ、エド・ハリス、M・ナイト・シャマランらに映画祭から功労賞が授与された。私にとってまたいつの日か訪れたい"目標"の映画祭です。


181016_tatami_10.jpg

上映作品にちなんだグッズも販売される。 photo : TAKUMI SAITOH

181016_tatami_05.jpg

映画専門チャンネル、TCM(ターナー・クラシック・ムービーズ)による短編『2001 destellos en la oscuridad』も上演。『2001年宇宙の旅』(68年)公開後に発売された雑誌でのスタンリー・キューブリック監督インタビューをアニメーションで再現した作品。会場では展覧会も開催。 photo : TAKUMI SAITOH

181016_tatami_06.jpg

10月13日(土)のフォトコール、レッドカーペットの登壇者。 photo : TAKUMI SAITOH

181016_tatami_08.jpg

フォトコールにて。

「TATAMI」は世界各地から集まった映画関係者が見守る中、ワールドプレミアを果たした後、HBOアジアにて放送された。日本へ凱旋する日がいまから待ち遠しい。

181016_tatami_09.jpg

photo : TAKUMI SAITOH

【関連記事】
齊藤工監督「TATAMI」がスペインでプレミア上映!
毎月更新!「齊藤工 活動寫眞館」について

TAKUMI SAITOH
移動映画館プロジェクト「cinéma bird」主宰。監督作『blank13』(18年)が国内外の映画祭で7冠獲得。アジア各国の監督6名を迎えて製作されたHBOアジアのドラマ「Folklore」に日本代表の監督として参加。企画・プロデュース・主演を務める『万力』が20年に公開予定。www.b-b-h.jp/actor/saitohtakumi

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。