目に見えないファンタジーの迷宮へ、榎本マリコが個展開催。

ニュース

2019年1月11日(金)より20日(日)までの10日間、東京・恵比寿のALにて、アーティスト/イラストレーターの榎本マリコが3年ぶりの個展を開催する。

181227-flower-ghosts.jpg

ポートレートに植物や静物のモチーフを組み合わせた、ユニークな画風のアクリル画で注目を集める榎本マリコは、もともとファッションを学んでいた。その後、2004年より本格的に絵の創作活動をスタート。国内外のグループ展や個展で作品を発表しながら、書籍の装画やCDジャケット、本誌「フィガロジャポン」でも連載「猫ごころ 巴里ごころ」で村上香住子のエッセイに女性と猫のイラストを描き下ろしている。

大小の近作約30点を展示・販売する作品展のテーマは、顔を覆われた女性たちの肖像画。「ここ2年ほど、自分の中での"描くこと"が、より濃い輪郭を現し、とても集中した時期になりました」と話す榎本マリコ。今回はその新しい成熟の境地をまとめて発表する場となった。「自由な世界への想像力を解放される感覚」をゴーストへの憧れにたとえながら付けられた展示会のタイトル「Flowery Ghosts」。
会場では、本展のために制作された作品集やオリジナルバッグ、スカーフ、一輪挿しなども発売される。11日には18時半より本人による作品解説も予定されている。

会期 : 2019年1 月11日(金)~ 20日(日)
会場 : AL(東京都渋谷区恵比寿南3-7-17)
開館時間 : 12:00~19:00 最終日のみ~18:00 会期中は無休
ギャラリートーク開催 : 2019年1 月11日(金) 18:30~19:00
作品解説=榎本マリコ 聞き手=利光春華(イラストレーター)

【関連記事】彼女と時計の肖像。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。