ハリー王子&メーガン妃、南アフリカでの公務はふたりだけで。

ニュース

01-celebnews-190925.jpg

現地時間23日からいよいよ始まったハリー王子とメーガン妃の南アフリカ外遊ツアーだが、世界中が注目するロイヤルカップルはケープタウンで連日精力的に公務をこなしている。

モスクを表敬訪問した後は、地元のNGO団体のメンバーと触れ合うなど、大小さまざまなイベントが目白押しのスケジュールではあるが、夫妻の表情はいつになく晴れやかで自然体だ。新婚夫婦そのもので、人前でキスも憚らないほど開放的になっているのは、ハリー王子が心を許したアフリカの地だからかもしれない。

一方で期待されたアーチーくんの姿は、イギリスから飛行機が到着した際にちょっと顔をのぞかせただけで、出てくる気配は一向にない。

痺れを切らしたある見物人が夫妻に直撃、アーチーくんの居所を尋ねたところ、ロンドンからの長距離移動のため「(アーチーは)不機嫌というのではなく、ただ疲れ果てて眠っている」とふたりは説明している。公務中は、全面的にシッターに頼っているようだ。

それもそのはず、史上最年少で外遊デビューを果たすことになったアーチーくんは、なんといってもまだ生後4ヶ月。当然コントロールできる月齢ではなく、本格的な公務デビューはもっと先になる可能性が高い。

とはいえサプライズ好きな夫妻だけに、今後の動向に注目だ。

photo: Reuters/AFLO, texte: ERI ARIMOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。