エリザベス女王、ハリー王子夫妻の要求を大筋で容認。

ニュース

01-celebnews-200114.jpg

現地時間13日、英サンドリンガム・ハウスで過ごすエリザベス女王のもとに、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ハリー王子が駆け付け、緊急家族会議が開かれた。

ハリー王子夫妻の離脱声明について話し合われた家族会議は14時からの開始だったが、ハリー王子はおよそ2時間前にサンドリンガム・ハウスに到着。先に女王とふたりきりで会談したと報じられている。

その甲斐あってか、突然の離脱表明に激怒していたと言われる女王だったが、会議の直後に出された声明はふたりの言い分を寛大に承認した形だ。

「私の家族は本日、孫とその家族の将来について大変建設的な話し合いを行うことができました。私たち家族は、若い家族として新たな人生を切り拓いていきたいというハリーとメーガンの願いを全面的にサポートしていくつもりです。私たちは彼らが引き続きロイヤルファミリーのメンバーとして、フルタイムで公務に従事することを望んでいましたが、私の大切な家族の一員のままであり続けながら、より自立した生活をしたいという彼らの望みを尊重し、理解した次第です」

「ハリーとメーガンは、新しい生活において、公的資金に依存しない意向を明確にしています。従って、ふたりがカナダと英国で過ごす移行期間を設けることで合意しました。私たち家族にとって複雑な問題であり、まだ取り組むべき事項が残っていますが、近日中に最終決定に到達するよう要請しました」

英国メディアは女王の声明に対し、「‟家族”という言葉を多用し、ロイヤルファミリーの持つ意味合いを改めてふたりに強調している」「ふたりのことをこれまでのようにサセックス公、公爵夫人と呼ばずにファーストネームで呼ぶことは、タイトル剥奪を示唆している」とさまざまに分析しているが、いずれ可愛い孫が帰ってこれる場を残しておくために、あえてふたりの希望通りにさせておくことを選んだと推測することもできるだろう。

一方でウィリアム王子は「The Sunday Times of London」に対し、初めて心情を吐露。

「生涯、弟を守ろうとしてきたが、もうそれはできない。悲しいことです。私たちにできることはふたりのサポートに努め、全員で同じページを見て歌える日が来ることを祈るだけ。チームのために、皆で一緒に歌うことがいまの望みです」

いずれ和解できる日が来ることを切望しているのが見て取れるが、かつては兄弟の絆が強かっただけに、その無念はいかばかりか――。袂を分かつことになった兄弟王子に、世界中が胸を痛めている。

【関連記事】
ハリー王子夫妻、高位王族から引退へ。王室メンバーは反発か。
エリザベス女王、ハリー王子の爆弾表明を受けて緊急会議を召集!

photo: AP/AFLO, texte: ERI ARIMOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。