ハリー王子、王室離脱は母ダイアナ妃の影響と認める。

ニュース

celebnews-01-210303.jpg

ハリー王子とメーガン・マークルが、オプラ・ウィンフリー司会のスペシャルトーク番組に揃って出演。90分に渡るロングインタビューで、ふたりは王室離脱について赤裸々に語るようだ。

ロイヤルメンバーとしての公式な離脱が決まってから初めてのインタビューとなった当番組で、ハリー王子は自分たちが離脱した背景に、歴史が繰り返されることへの恐怖があったと語る。この場合の恐怖というのは、亡き母ダイアナ妃がたどってきた悲劇的な運命を指しているのは明確だ。

公開された2本のトレーラーのうち、1本はダイアナ妃の映像を使用し、自身を母の生涯に重ね合わせたうえで、今回の決断を肯定的にとらえているのが見て取れる。

「私にとっては、ここにこうやって座って妻の傍で話をするだけで、本当にほっとしますし、幸せなのです」と、ハリー王子は現在置かれている状況について満足げに口にする。

「何年も前に、ひとりでこのプロセスを経験した母が、どんな気持ちだったのか想像もつきません。私たちふたりにとって、信じられないくらい大変でしたから。しかし少なくとも我々には互いが存在します」

---fadeinpager---

もう一本の予告動画では、メーガンに対し、「どんな質問にも答えてもらいます」とオプラが念押し。最後には「あなた方は、かなりショッキングな話をしてくれましたね」と気になるひと言も。それだけ、夫妻が自分たちの想いを赤裸々に語るのではないかと放送前から期待が高まっている。

インタビューの全貌は、米国CBSで7日放送される「Oprah with MEGHAN & HARRY」で明らかになる。セレブメイクでバッチリ決まったメーガンは、番組内でジョルジオ アルマーニのブラックドレスを着用しているが、ハリウッドスタイルを強調していることも現在の彼女を表すメッセージだろう。一瞬たりとも見逃せない。

photo : Reuters/AFLO, texte : ERI ARIMOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。